構成データベースのリストア

このページで

    構成データベースのリストアは、次の状況で役立ちます。

    • 構成データベースが破損し、設定情報のバックアップからデータをリカバーする場合。
    • 構成データベースが存在するMicrosoft SQL Serverが破損して、新しいMicrosoft SQL Serverに構成データベースを展開し、設定情報のバックアップから、そこにデータをリストアする場合。
    • 任意の時点に、構成データベースをロールバックする場合。
    • テスト目的などで、同じMicrosoft SQL Server上の新しい構成データベースに、データをリストアする場合。

    バックアップが作成されたのと同じバックアップサーバーまたは別のバックアップサーバーに、設定情報のバックアップをリストアできます。

    リストアプロセスを開始する前に、前提条件を確認してください。その後、Veeam Backup & Replication Configuration Restoreウィザードを使用して、構成データベースをリストアします。

    1. Veeam Backup & Replication Configuration Restoreウィザードの起動
    2. リストアモードの選択
    3. 設定情報のバックアップの選択
    4. 設定情報のバックアップパラメータの確認
    5. パスワードの指定
    6. ターゲットデータベースの指定
    7. リストアオプションの指定
    8. リストア設定の確認
    9. リストアプロセスの完了
    10. バックアップとテープライブラリの同期化
    11. ウィザードの終了