スケールアウトリポジトリからのキャパシティエクステントの除外

このページで

    たとえば、サードパーティのサービスを利用してデータを保存する必要がなくなった場合などに、スケールアウトバックアップリポジトリの範囲からキャパシティエクステントを除外できます。

    キャパシティエクステントとして使用されていてオフロード済バックアップデータを格納しているオブジェクトストレージリポジトリを除外した後、Veeam Backup & Replicationでは、除外されたオブジェクトストレージリポジトリが自動的にメンテナンスモードになることを考慮してください。リポジトリがメンテナンスモードになると、そのリポジトリからはデータをリストアできなくなります。通常のリポジトリに戻すには、そのリポジトリをキャパシティエクステントとして再度追加し、既存のバックアップチェーンとこのパフォーマンスエクステントを同期する必要があります。同期が完了すると、既存のバックアップがインポートされた状態で利用可能になります。詳細については、「キャパシティ層のデータの同期」を参照してください。

    同じスケールアウトバックアップリポジトリ内にアーカイブエクステントがある場合、キャパシティエクステントを除外するときに、このアーカイブエクステントもメンテナンスモードになります。

    キャパシティエクステントをスケールアウトバックアップリポジトリの範囲から除外するには、次の手順を実行します。

    1. [Backup Infrastructure]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Scale-out Repositories]をクリックします。
    3. 作業領域で、スケールアウトバックアップリポジトリを選択してリボンの[Edit Scale-out Repository]をクリックするか、スケールアウトバックアップリポジトリを右クリックして[Properties]を選択します。
    4. ウィザードの[Capacity tier]ステップに移動します。
    5. [Extend scale-out backup repository capacity with object storage]チェックボックスをクリアします。

    ポップアップダイアログで操作を確認するよう求められます。その後、オブジェクトストレージリポジトリがすぐにメンテナンスモードになります。

    スケールアウトリポジトリからのキャパシティ層の除外

    関連トピック