Veeam Backup & Replicationコンソール

このページで

    Veeam Backup & Replicationコンソールをインストールするには、次の構文を持つコマンドを使用します。

    msiexec.exe [/L*v "<path_to_log>"] /qn /i "<path_to_msi>" ACCEPT_EULA="1" ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES="1" [INSTALLDIR="<path_to_installdir >"]

    このコマンドは、VeeamPowerShellモジュールもインストールします。

    このコマンドには、次のパラメータが含まれています。

    オプション

    パラメータ

    必須

    説明

    / L

    *vログファイル

    いいえ

    インストールログファイルを詳細出力の設定で作成します。

    ログファイルのフルパスをパラメータ値として指定します。前回のインストールで作成されたセットアップログファイルは、クリアされます。

    例:/L*v "C:\ProgramData\Veeam\Setup\Temp\Logs\Console.txt"

    / q

    n

    はい

    ユーザーインターフェイスのレベルを「いいえ」に設定すると、インストール時にユーザーによる操作が不要になります。

    /私

    セットアップファイル

    はい

    Veeam Backup & Replicationコンソールをインストールします。

    セットアップファイルのフルパスをパラメータ値として指定します。

    例:/i "C:\Veeam\Shell.x64.msi"

    ACCEPTEULA

    0/1

    はい

    Veeamライセンス契約に同意するかどうかを指定します。ライセンス契約に同意し、インストールを続けるには、1を指定します。

    例:ACCEPT_EULA="1"

    ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES

    0/1

    はい

    Veeamが取り入れている第三者コンポーネントのライセンス契約に同意するかどうかを指定します。ライセンス契約に同意し、インストールを続けるには、1を指定します。

    例:ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES="1"

    INSTALLDIR

    パス

    いいえ

    指定した場所にコンポーネントをインストールします。

    デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationは、C:\Program Files\Veeam\Backup and Replication\フォルダのConsoleサブフォルダを使用します。

    例:INSTALLDIR="C:\Backup\"
    このコンポーネントは、 C:\Backup\Consoleフォルダにインストールされます。

    Veeam Backup & Replicationコンソールを次の構成でインストールする場合を想定します。

    • ユーザーによる操作なし
    • MSIファイルのパス:E:\Veeam\Shell.x64.msi
    • インストールフォルダ:C:\Backup

    そのような構成でVeeam Backup & Replicationコンソールをインストールするコマンドのパラメータは、次のようになります。

    msiexec.exe /L*v "C:\logs\log1.txt" /qn /i "E:\Veeam\Shell.x64.msi" ACCEPT_EULA="1" ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES="1" INSTALLDIR="C:\Backup\"