永続フェイルオーバー

このページで

    永続フェイルオーバーは、フェイルオーバーを終了させる方法の1つです。永続フェイルオーバーを実行すると、元のVMからそのレプリカに永続的に切り替わります。永続フェイルオーバーの結果として、VMレプリカはレプリカとしての動作を止め、本番VMとして動作し始めます。

    永続フェイルオーバーは、元のVMとそのレプリカが同じサイトに存在し、リソースという点でほぼ同一である場合にのみ実行をお勧めします。この場合、ユーザーは継続中の操作についてレイテンシを感じることはありません。それ以外の場合は、フェイルバックを実行します。

    永続フェイルオーバーの操作は、次の方法で実行されます。

    1. Veeam Backup & ReplicationによってVMレプリカの電源がオフになります。
    2. Veeam Backup & ReplicationによってレプリケーションチェーンからVMレプリカの短期および長期リストアポイントが削除され、関連するファイルがデータストアから削除されます。保護仮想ディスク(<disk_name>-interim.vmdk)に書き込まれた変更内容がVMレプリカにコミットされて、VMレプリカが最新の状態になります。
    3. Veeam Backup & Replicationにより、Veeam Backup & ReplicationコンソールのレプリカのリストからVMレプリカが削除されます。
    4. 永続フェイルオーバーの完了後にVMレプリカが破損しないよう保護するため、Veeam Backup & ReplicationによってCDPポリシーが再構成されて、VMレプリカが処理済みVMのリストに追加され、元のVMが除外リストに追加されます。CDPポリシーの開始時に、元のVMは処理の対象外となります。そのため、動作中のVMレプリカへのデータの書き込みは行われません。

    関連トピック

    永続フェイルオーバーの実行