トランザクションログのバックアップの保持

このページで

    トランザクション・ログのバックアップは、独自のVeeamフォーマットであるVLBのファイルに格納されます。Veeam Backup & Replicationでは、トランザクション・ログのバックアップをVMのイメージレベルのバックアップとともに保持します。VLBファイルの保存場所は、バックアップリポジトリの種類によって異なります。

    • VMのイメージレベルのバックアップをバックアップリポジトリに格納すると、Veeam Backup & Replicationは、イメージレベルのバックアップのファイルが格納されているのと同じフォルダにトランザクションログのバックアップを書き込みます。
    • VMのイメージレベルのバックアップをスケールアウトバックアップリポジトリに格納すると、Veeam Backup & Replicationは、VMのイメージレベルのバックアップの最新の増分バックアップファイルが格納されているエクステントにトランザクションログのバックアップを書き込みます。

    Veeam Backup & Replicationでは、保持することによってトランザクション・ログのバックアップが削除されます。次の保持方法のいずれかを選択できます。

    イメージレベルのバックアップとともにログを保持

    デフォルトでは、Veeam Backup & Replication はトランザクションログのバックアップを Microsoft SQL Server VM の対応するイメージレベルバックアップと一緒に保持します。Veeam Backup & Replication は VM バックアップのために構成された短期間の保持に従って VM バックアップとログ ・バックアップを保持します。Veeam Backup & Replicationによってイメージレベルのバックアップの復元ポイントがバックアップ・チェーンから削除されると、このイメージレベルのバックアップに関連するトランザクション・ログのチェーンも削除されます。VMバックアップに長期保存が構成されている場合でも、Veeam Backup & Replicationは、短期保存ポリシーに従ってトランザクションログバックアップを保持し、短期保存を超えた後にそれらを削除することに注意してください。

    この方法により、イメージレベルのバックアップと必要なトランザクションログのバックアップの両方を常に利用できます。データベースを任意の状態にリカバーする必要がある場合は、適切なリストアポイントからMicrosoft SQL Databaseをリストアし、トランザクションログのリプレイを実行してデータベースを望ましい状態に復元することができます。

    トランザクションログのバックアップの保持 

    指定した日数分のログを保持

    トランザクション・ログを任意の期間のみ保持するようVeeam Backup & Replicationに指示することができます。ストレージ領域を節約する必要があり、トランザクションログのバックアップを数日間保持する予定がある場合などに、この保持設定を使用できます。この場合、データベースは直前の状態のいずれかにのみリストアできます。

    この保持方法を選択する場合は、イメージレベルのバックアップとトランザクションログのバックアップの保持ポリシーが一貫している必要があります。イメージレベルのバックアップのリストアポイントは、常に保持する必要があります。データベースのバックアップそのものが失われると、トランザクションログのリプレイを実行できなくなります。

    トランザクションログのバックアップの保持 

    関連トピック

    Microsoft SQL Serverのトランザクションログ設定