ネットワークモード

このページで

    ネットワークモードは任意のインフラストラクチャ設定と一緒に使用することができます。このモードでは、ネットワークブロックデバイス(NBD)プロトコルに基づき、LAN上でESXiホストを使ってデータが取得されます。

    ネットワークモードはLAN上のデータ転送が低速です。LANの負荷を軽減するため、Veeam Backup & Replicationにはダイレクトストレージアクセス仮想アプライアンスの2つの代替モードが用意されています。ネットワークモードは、物理マシンにバックアッププロキシのロールが割り当てられ、ホストがローカルストレージを使用している場合に利用できる唯一のモードです。また、ネットワークモードは、何百もの小規模VMを含む大規模な仮想環境で、10ギガビットイーサネットネットワークを使用し、変更率が小さい場合に、最適な選択となります。

    ネットワークモード 

    ネットワークモードでのデータ取得のプロセスには次のステップが含まれます。

    1. バックアッププロキシによりESXiホストにリクエストが送信され、データストアでのVMの検出のために処理済みのVMが登録されます。
    2. ESXiホストによりデータストアで処理済みのVMが検出されます。
    3. Veeam Backup & ReplicationからVMware vSphereへの指示により、VMware vSphere VMスナップショットが作成されます。
    4. ESXiホストはVMデータブロックをソースストレージからコピーし、LAN上のバックアッププロキシに送信します。

    実際のデータ転送速度は、利用可能な速度よりも大幅に小さい場合があります。これは、バックアッププロキシとESXiホストが、ESXi管理ネットワーク上で通信するためです。

    1. バックアッププロキシによりデータがターゲットに送信されます。

    Veeam Backup & Replicationにより、VMディスクが並行して処理されます。(たとえば、SANおよびローカル・ストレージで)VMディスクが異なるストレージ・タイプで検出された場合、Veeam Backup & Replicationは異なる転送モードに基づいてVMディスクを処理します。このようなシナリオでは、バックアッププロキシのモード設定の構成時に[Failover to network mode if primary mode fails, or is unavailable]オプションを選択することを強くお勧めします。

    関連トピック