バックアップ方法の切り替え

このページで

    バックアップ方法は簡単に切り替えることができます。Veeam Backup & Replicationは、以前に作成されたチェーンを変換しません。代わりに次の方法で、既存のチェーンの横に新しいバックアップチェーンが作成されます。

    • リバース増分方法から永久増分方法または増分方法に切り替える場合、Veeam Backup & Replicationは、リバース増分チェーンの横に増分バックアップ・ファイルのセットを作成します。リバース増分チェーン内のフルバックアップファイルは、増分バックアップファイルの起点として使用されます。
    • 永久増分方法または増分方法からリバース増分方法に切り替える場合、Veeam Backup & Replicationは、最初に増分バックアップ・ファイルの横にフル・バックアップ・ファイルを作成します。Veeam Backup & Replicationは、新しいジョブ・セッションのたびにこのフル・バックアップ・ファイルを変換して、リバース増分バックアップ・ファイルをバックアップ・チェーンに追加します。
    • 永久増分方法から増分方法へ切り替える場合、Veeam Backup & Replicationは、指定されたスケジュールに従って、合成フルバックアップを作成します。古いバックアップチェーンは、新しいチェーン内のリストアポイントの数が保持の上限に達したときに削除されます。
    • 増分方法から永久増分方法へ切り替えた場合、合成フルバックアップは作成されません。最後のフルバックアップ以降に作成されたリストアポイントの数が保持の上限に達した場合、古いバックアップチェーンが削除されます。それ以後、リストアポイントが作成されるたびに、最も古い増分ファイルがフルバックアップファイルにマージされます。