Veeam Backup Catalog

このページで

    Veeam Backup Catalogをインストールするには、次の構文を持つコマンドを使用します。

    msiexec.exe [/L*v "<path_to_log>"] /qn /i "<path_to_msi>" ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES="1" [INSTALLDIR="<path_to_installdir >"][VM_CATALOGPATH="<path_to_catalog_shared_folder>"][VBRC_SERVICE_USER="<Veeam_Guest_Catalog_Service_account>"][VBRC_SERVICE_PASSWORD="<Veeam_Guest_Catalog_Service_account_password>"] [VBRC_SERVICE_PORT="<Veeam_Guest_Catalog_Service_port>"]

    このコマンドには、次のパラメータが含まれています。

    オプション

    パラメータ

    必須

    説明

    /L

    *vログファイル

    いいえ

    インストールログファイルを詳細出力の設定で作成します。

    ログファイルのフルパスをパラメータ値として指定します。前回のインストールで作成されたセットアップログファイルは、クリアされます。

    例:/L*v "C:\ProgramData\Veeam\Setup\Temp\Logs\Catalog.txt"

    /q

    n

    はい

    ユーザーインターフェイスのレベルを「いいえ」に設定すると、インストール時にユーザーによる操作が不要になります。

    /i

    セットアップファイル

    はい

    Veeam Backup Catalogをインストールします。セットアップファイルのフルパスをパラメータ値として指定します。

    例:/i "C:\Veeam\VeeamBackupCatalog64.msi"

    ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES

    0/1

    はい

    Veeamが取り入れている第三者コンポーネントのライセンス契約に同意するかどうかを指定します。ライセンス契約に同意し、インストールを続けるには、1を指定します。

    例:ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES="1"

    INSTALLDIR

    パス

    いいえ

    指定した場所にコンポーネントをインストールします。

    デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationは、C:\Program Files\Veeam\Backup and Replication\フォルダ内のBackup Catalogサブフォルダを使用します。

    例:INSTALLDIR="C:\Catalog\"
    コンポーネントは、C:\Catalog\Backup Catalogフォルダにインストールされます。

    VM_CATALOGPATH

    パス

    いいえ

    インデックスファイルを格納する必要があるカタログフォルダのパスを指定します。

    デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationは、たとえば、C:\VBRCatalogなど、最大の空き容量を持つボリュームにVBRCatalogフォルダを作成します。

    例:VM_CATALOGPATH="C:\Backup\"
    インデックスファイルは、C:\Backup\VBRCatalog フォルダに格納されます。

    VBRC_SERVICE_USER

    ユーザー

    いいえ

    Veeam Guest Catalog Serviceを実行するユーザーアカウントを指定します。アカウントは、インデックスファイルが格納されるVBRCatalogフォルダ上でフルコントロールNTFS権限を持つ必要があります。

    このパラメータを指定しないと、Veeam Guest Catalog Serviceは、LocalSystemアカウントで実行されます。

    VBRC_SERVICE_USERパラメータとともに、VBRC_SERVICE_PASSWORDパラメータを指定する必要があります。

    例:VBRC_SERVICE_USER="BACKUPSERVER\Administrator"

    VBRC_SERVICE_
    PASSWORD

    パスワード

    いいえ

    VBRC_SERVICE_USERパラメータを指定した場合、このパラメータを使用する必要があります。

    Veeam Guest Catalog Serviceを実行するアカウントのパスワードを指定します。

    例:VBRC_SERVICE_PASSWORD="1234"

    VBRC_SERVICE_PORT

    ポート

    いいえ

    Veeam Guest Catalog Serviceで使用するTCPポートを指定します。デフォルトでは、ポート番号9393が使用されます。

    例:VBRC_SERVICE_PORT="9393"

    Veeam Backup Catalogを次の構成でインストールする場合を想定します。

    • ユーザーによる操作なし
    • MSIファイルのパス:E:\Veeam\VeeamBackupCatalog64.msi
    • インストールフォルダ:デフォルト
    • カタログフォルダ:デフォルト
    • サービスのユーザーアカウント:VEEAM\Administrator
    • サービスのユーザーアカウントのパスワード:1243
    • TCP通信ポート:9391

    そのような構成でVeeam Backup Catalogをインストールするコマンドのパラメータは、次のようになります。

    msiexec.exe /qn /i "E:\Veeam\VeeamBackupCatalog64.msi" ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES="1" VBRC_SERVICE_USER="VEEAM\Administrator" VBRC_SERVICE_PASSWORD="1234" VBRC_SERVICE_PORT="9391"