レプリケーションジョブの作成

このページで

    VMレプリカを作成するには、レプリケーションジョブを構成する必要があります。レプリケーションジョブは、どのように、どこで、いつVMデータをレプリケートするかを定義します。1つのジョブを、1つのVMまたは複数のVMの処理に使用できます。

    ジョブを構成してすぐに開始することも、ジョブを保存して後で開始することもできます。ジョブは手動で開始することも、特定の時間に自動的に実行されるようにスケジュールすることもできます。

    レプリケーションジョブを作成する前に、 前提条件を確認します。次に、New Replication Jobウィザードを使用してレプリケーションジョブを構成します。

    1. New Replication Jobウィザードの起動
    2. ジョブの名前と説明の指定
    3. レプリケートするVMの選択
    4. データソースの指定
    5. レプリケーションジョブからのオブジェクトの除外
    6. VMのレプリケーション順の定義
    7. レプリケート先の指定
    8. ネットワークマップ表の作成
    9. Re-IPルールの構成
    10. レプリケーションジョブ設定の指定
    11. レプリカの詳細設定の指定
    12. データ転送設定の指定
    13. シーディングおよびマッピング設定の定義
    14. ゲスト処理設定の指定
    15. ジョブスケジュールの定義
    16. ウィザードの終了