Secure Restore

このページで

    Veeam Backup & Replicationを使用すると、セキュアなリストアを実行できます。本番環境にマシンをリストアする前にアンチウイルスソフトウェアでマシンデータがスキャンされます。

    セキュアなリストアの間に、Veeam Backup & Replicationは、リストアする予定のマシンのディスクをマウントサーバーにマウントします。マウントサーバーで、Veeam Backup & Replicationはアンチウイルスソフトウェアを実行して、マウントディスクからのファイルをスキャンします。スキャン中にアンチウイルスソフトウェアがマルウェアを検出すると、Veeam Backup & Replicationはリストアプロセスを中止するか、セキュアなリストア設定に応じてマシンまたはそのディスクを制限付きでリストアします。

    セキュアなリストアは、次のリストア操作で利用できます。

    • インスタントリカバリ
    • VM全体のリストア
    • 仮想ディスクのリストア
    • Microsoft Azureへのリストア
    • Amazon EC2へのリストア
    • [Veeam Backup & Replication 11a (build 11.0.1.1261)から開始]Google Compute Engineへのリストア
    • ディスクのエクスポート
    • SureBackup

    セキュアなリストアを実行するには、リストアウィザードの[Secure Restore]ステップで[Scan the restored machine for malware prior to performing the recovery]オプションを有効にする必要があります。

     

    ヒント

    SureBackupジョブの中で、マルウェアがないか定期的にマシンデータをスキャンすることもできます。SureBackupジョブでマルウェアスキャンを有効にする方法の詳細については、SureBackup jobウィザードの[Settings]ステップを参照してください。

    セキュアなリストアの要件および制限事項

    セキュアなリストアを実行する前に、次の前提条件を確認してください。

    • Veeam Backup & Replicationは、マウントサーバーにマウントできないディスクまたはボリュームのマルウェアスキャンは実行しない。

    たとえば、記憶域スペースディスクまたはReFSボリューム(ReFSがマウントサーバーOSでサポートされていない場合)は、スキャンからスキップされ、通常の方法でリストアされます。

    関連トピック