HPE StoreOnceリポジトリのバックアップコピーのジョブの作成

このページで

    HPE StoreOnceバックアップリポジトリ間でバックアップファイルをコピーするには、バックアップコピーのジョブを構成する必要があります。

    他のバックアップコピーのジョブと違い、HPE StoreOnceのバックアップコピーのジョブではソースリポジトリからデータをミラーリングします。このBackup copyジョブでは、バックアップファイルは、いっさい変換されずに、ソースリポジトリに保存されている通りにコピーされます。Veeam Backup & Replicationでは、バックアップファイルをコピーするために、HPE StoreOnce Catalyst Copy技術が使用されます。

    Backup copyジョブでは、バックアップジョブおよび他のBackup copyジョブによって作成されたバックアップファイルのみがコピーされます。バックアップファイルは、次のタイプである必要があります。

    HPE StoreOnceリポジトリのバックアップコピーのジョブの作成重要!

    以下の制限事項にご注意ください。

    • Backup copyジョブでは、バックアップジョブによって作成されたバックアップファイルのみがコピーされます。バックアップジョブは、Backup copyジョブを構成したのと同じバックアップサーバー上で構成されている必要があります。他のバックアップサーバー上で構成されたジョブで作成されたバックアップはコピーされません。
    • バックアップコピーでは、インポートしたバックアップはコピーされません。

    HPE StoreOnceのBackup copyジョブの初回実行時には、既存のすべてのバックアップファイルがコピーされます。その後は、ソースリポジトリに新しいバックアップファイルが含まれるたびにバックアップコピージョブが開始されます。削除されたバックアップファイルの場合は、バックアップコピーのジョブでは、バックアップファイルの作成後21日待機し、その後、ターゲットリポジトリからバックアップファイルを削除します。削除された時点で既に21日経過している場合は、バックアップコピーのジョブで直ちにバックアップファイルを削除します。この日程の制限を変更するには、レジストリキーを使用します。詳細については、Veeam Customer Supportにお問い合わせください。

    ジョブを作成する前に、前提条件と制限を確認してください。その後、New Backup Copy Jobウィザードを使用してバックアップコピーのジョブを構成します。

    1. New Backup Copy Jobウィザードの起動
    2. ジョブの名前と説明の指定
    3. ソースおよびターゲットリポジトリの選択
    4. 詳細設定の指定
    5. バックアップコピーウィンドウの定義
    6. ウィザードの終了

    関連トピック

    HPE StoreOnce