バックアッププロキシ

このページで

    バックアッププロキシとは、バックアップサーバーとバックアップインフラストラクチャのその他のコンポーネントとの間に存在するアーキテクチャコンポーネントです。バックアップサーバーがタスクを管理する間、プロキシはジョブを処理し、バックアップトラフィックを配信します。

    バックアッププロキシの基本的なタスクは以下の通りです。

    • 本番ストレージからのVMデータの取得
    • 圧縮
    • 重複排除
    • 暗号化
    • バックアップリポジトリ(たとえば、バックアップジョブを実行する場合)または別のバックアッププロキシ(たとえば、レプリケーションジョブを実行する場合)への送信

    バックアッププロキシの転送モード

    バックアップアーキテクチャに応じて、バックアッププロキシでは次のデータ転送モードのいずれかを使用できます。

    • ダイレクトストレージアクセス
    • 仮想アプライアンス
    • ネットワーク

    VMディスクがストレージ・システム上に位置し、そのストレージ・システムがVeeam Backup & Replicationコンソールに追加されている場合、バックアップ・プロキシはストレージ・スナップショットからのバックアップ・モードも使用できます。

    転送モードを明示的に選択することも、Veeam Backup & Replicationにモードを自動的に選択させることもできます。詳細については、「転送モード」 および「ストレージスナップショットのバックアッププロキシの構成」を参照してください。

    バックアッププロキシの導入

    デフォルトでは、プロキシのロールはバックアップサーバー自体に割り当てられます。ただし、これで足りるのは、トラフィックの負荷が低い小規模のインストールの場合だけです。大規模なインストールの場合は、専用のバックアッププロキシを導入することをお勧めします。

    複数の同時ジョブのパフォーマンスを最適化するため、いくつかのバックアッププロキシを使用できます。この場合、Veeam Backup & Replicationでは利用可能なバックアップ・プロキシ間でバックアップ・ワークロードを分散します。バックアッププロキシは、プライマリサイトおよびリモートサイトの両方に導入できます。

    プロキシを導入するには、WindowsベースまたはLinuxベースのサーバーをVeeam Backup & Replicationに追加し、追加したサーバーにバックアッププロキシのロールを割り当てる必要があります。バックアッププロキシに関連する要件と制限事項については、「バックアッププロキシに関する要件と制限事項」を参照してください。

    バックアッププロキシのサービスとコンポーネント

    バックアッププロキシは、数秒で導入できる軽量のサービスを実行します。導入は完全に自動化されています。Veeam Backup & Replicationでは以下のコンポーネントとサービスをインストールします。

    • Veeam Installer Serviceは、いったんVeeam Backup & Replicationコンソールで管理対象サーバーのリストに追加されると、Windowsサーバーにインストールされ、開始される補助サービスです。このサービスでは、システムを分析し、サーバーに選択されたロールに応じて必要なコンポーネントおよびサービスのインストールとアップグレードを行います。
    • Veeamデータムーバーは、Veeam Backup & Replicationに代わってデータ処理タスクを実行するコンポーネントです。たとえば、ソースVMデータの取得、データの重複排除と圧縮の実行、およびターゲットストレージへのバックアップデータの保存などを行います。

    このセクションの内容

    関連トピック