高度な複数ホストの仮想ラボ

このページで

    高度な複数ホストの仮想ラボの詳細設定は、災害復旧(DR)サイトが次のように設定されている場合に使用できます。

    • 検証するVMレプリカが、異なるESXiホストに配置されている。
    • 検証するVMレプリカが、1つまたは複数のネットワークに接続されている。

    高度な複数ホストの仮想ラボは、VMware Distributed vSwitch(DVS)のテクノロジーを利用しています。詳細については、VMwareのドキュメントを参照してください。

    高度な複数ホストの仮想ラボ 

    高度な複数ホストの仮想ラボの詳細を設定する場合は、プロキシサーバーが作成されるESXiホストと、分離されたネットワークがVeeam Backup & Replicationによって作成されるDVSを選択する必要があります。

    Veeam Backup & Replicationでは、DVSを自動的に設定するオプションは提供していません。仮想環境でDVSを事前に設定する必要があります。

    高度な複数ホストの仮想ラボ重要!

    DVSは、1つのデータセンターに制限されます。このため、検証対象のVMレプリカとアプリケーショングループのVMレプリカは、すべて同じデータセンターに属している必要があります。VMレプリカが異なるデータセンターに属している場合は、仮想ラボでこれらのVMレプリカを起動できますが、Veeam Backup & Replicationで自動的に検証することはできません。

    関連トピック