永久増分バックアップ

このページで

    永久増分バックアップは、初回のフルバックアップファイル(VBK)と、その後に続く増分バックアップファイル(VIB)のセットで構成されるバックアップチェーンを作成します。

    Veeam Backup & Replicationでは、次の方法で永久増分バックアップ・チェーンが作成されます。

    1. バックアップジョブの最初のセッション中に、Veeam Backup & Replicationにより、バックアップリポジトリ内にフルバックアップファイルが作成されます。
    2. それに続くバックアップ・ジョブ・セッション中に、Veeam Backup & Replicationにより、前回のバックアップ・ジョブ・セッション(フルまたは増分)以降に変更されたVMデータ・ブロックのみがコピーされ、これらのブロックが増分バックアップ・ファイルとしてバックアップ・チェーンに保存されます。
    3. 新しいリストア・ポイントをバックアップ・チェーンに追加した後、Veeam Backup & Replicationにより、ジョブのための保持ポリシーが確認されます。Veeam Backup & Replicationで古くなったリストアポイントが検出されると、バックアップチェーンを変換して最新のリストアポイント用のスペースを確保します。詳細については、「永久増分バックアップの保持ポリシー」を参照してください。

    永久増分バックアップ 

    永久増分バックアップ手法を使用するには、バックアップジョブ設定で次のオプションを選択する必要があります。

    1. [Incremental]バックアップモードを選択します。
    2. 合成フルバックアップやアクティブフルバックアップを有効にしないでください。合成フルバックアップやアクティブフルバックアップを有効にすると、Veeam Backup & Replicationにより次の増分バックアップチェーンが作成されます。

    永久増分バックアップ 

    関連トピック