開始する前に

このページで

    レプリケーションジョブを作成する前に、以下の前提条件を確認してください。

    • レプリケーション処理に関与するバックアップインフラストラクチャコンポーネントは、バックアップインフラストラクチャに追加して正しく構成する必要があります。これらは、ソースおよびターゲットのESXiホスト、オンサイトレプリケーションシナリオの場合のバックアッププロキシまたはオフサイトレプリケーションシナリオの場合の2つのバックアッププロキシと、レプリカメタデータの保存のためのバックアップリポジトリを含みます。

    バックアップサーバーは、短い名前を解決してソースおよびターゲット仮想化ホストに接続できる必要があります。

    • ターゲットデータストアには、レプリケートされたVMのディスクを保存するのに十分な空き領域がある必要があります。ターゲットデータストアの容量不足に関するアラートを受信するには、グローバル通知設定を構成します。詳細については、「その他の通知設定の指定」を参照してください。
    • WANアクセラレータ経由でVMをレプリケートする場合、ソースおよびターゲットのWANアクセラレータがバックアップインフラストラクチャに追加され、適切に構成されている必要があります。詳細については、「WANアクセラレータの追加」を参照してください。
    • WANアクセラレータ経由でVMをレプリケートする場合、レプリケーションジョブを開始する前に、ターゲットWANアクセラレータにグローバルキャッシュを事前設定することをお勧めします。グローバルキャッシュを設定すると、WAN経由で転送されるトラフィック量を低減できます。詳細については、「グローバルキャッシュの設定」を参照してください。
    • バックアップからVMをレプリケートする場合、ソースとして使用する予定のバックアップジョブを事前に構成する必要があります。詳細については、「バックアップからのレプリカ」を参照してください。
    • ジョブ前スクリプトとジョブ後スクリプトやプレスクリプトとポストスクリプトを使用する予定の場合、レプリケーションジョブを構成する前に、スクリプトを作成する必要があります。Veeam Backup & Replicationは次の形式のスクリプトファイルをサポートします。EXE、BAT、CMD、JS、VBS、WSF、PS1、SH。
    • レプリケーションの制限事項を確認する必要があります。詳細については、「レプリケーションについて」を参照してください。