セキュリティ設定の構成

このページで

    [Security]タブで、以下を設定できます。

    バックアップサーバーと VMware vSphereサーバー またはストレージシステムの間で安全な通信が確立されるように、TLS証明書を設定します。

    Linuxマシンのフィンガープリントチェックを有効にして、中間者攻撃から接続を保護します。

    外部ネットワークに接続されているリモートアクセスコンソール用のクラウドゲートウェイへのアクセスを有効にします。

    FIPSコンプライアンスの動作モードを有効にします。

    監査ログを保存するフォルダを選択します。