開始する前に

このページで

    HPE StoreOnceバックアップリポジトリのBackup copyジョブを作成する前に、以下の要件を確認してください。

    • サポートされている最小ソフトウェアバージョンのHPE StoreOnceは、次の通りです。
    • 第3世代の場合、最小バージョンは3.18.7です。
    • 第4世代の場合、最小バージョンは4.2.0です。
    • バックアップコピープロセスに関わるすべてのバックアップインフラストラクチャコンポーネントが、バックアップインフラストラクチャに追加されていることを確認します。このコンポーネントには、データをコピーするソースリポジトリとターゲットリポジトリが含まれます。バックアップリポジトリの追加方法の詳細については「バックアップリポジトリの追加」を参照してください。
    • データをコピーする予定のソースリポジトリとターゲットリポジトリが相互に直接接続されていることを確認してください。これは、Veeam Backup & ReplicationでバックアップファイルのコピーにHPE StoreOnce Catalyst Copy技術が使用されるために必要となります。

    この直接接続は、ターゲットHPE StoreOnceの追加時に選択した接続と同じタイプである必要があります。たとえば、ファイバーチャネルを介してターゲットHPE StoreOnceリポジトリを接続した場合は、ファイバーチャネルを介してソースHPE StoreOnceをターゲットHPE StoreOnceに接続する必要があります。

    • ファイバーチャネルを介して接続されたHPE StoreOnceリポジトリには、双方向接続が必要となります。送信元イニシエーターのWorld Wide Name(WWN)を宛先ターゲットのWWNでゾーン化し、宛先イニシエーターのWWNをソースターゲットのWWNでゾーン化します。
    • ジョブ前/ジョブ後スクリプトを使用する予定の場合、バックアップコピージョブを構成する前に、スクリプトを作成する必要があります。