Microsoft Azureへのリストア

このページで

    Veeam Backup & Replicationを使用すると、VeeamバックアップからMicrosoft Azureにマシンをリストアできます。Veeam Backup & Replicationを使用すると、次のタスクを実行できます。

    • VeeamバックアップからMicrosoft Azureにマシンをリストアする。
    • オンプレミスインフラストラクチャからクラウドにマシンを移行する。
    • トラブルシューティング、パッチやアップデートのテストなどのためのテスト環境をクラウドに作成する。

    次のタイプのバックアップからマシンをリストアできます。

    • Veeam Backup & Replicationで作成されたMicrosoft Windows VMおよびLinux VMのバックアップVMware vSphere VMまたはvCloud Director VMのバックアップを使用できます。
    • Veeam Agent for Microsoft Windowsで作成されたMicrosoft Windowsマシンのバックアップ。バックアップは、マシン全体またはボリュームレベルで作成する必要があります。

    Microsoft Azureへのリストア重要!

    フェイルオーバークラスターを含むバックアップ内のマシンは、クラスターとしてではなく、個別のVMとしてリストアされます。これらのVMの共有クラスターディスクは、通常のディスクとしてリストアされます。

    • Veeam Agent for Linuxで作成されたLinuxマシンのバックアップ。バックアップは、マシン全体またはボリュームレベルで作成する必要があります。

    最新のリストアポイントまたはバックアップチェーン内にある任意のリストアポイントにマシンをリストアできます。マシンのリストアソースとして予定しているバックアップチェーンは、バックアップインフラストラクチャに追加されたバックアップリポジトリにある必要があります。

    Veeam Backup & Replicationコンソールにバックアップをインポートすることもできます。詳細については、「バックアップのインポート」を参照してください。

    Microsoft Azureへのリストアのために、Veeam Backup & Replicationは、Microsoft Azure Resource Managerまたは従来型の導入モデルを使用できます。Veeam Backup & Replicationはバッチリストアをサポートしており、一度に複数のVMのリストアプロセスを開始できます。

    Microsoft Azureへのリストア 

    Microsoft Azureへのリストア重要!

    Veeam Backup & Replicationバージョン9.5 Update 4以降、従来型の導入モデルは廃止されています。このため、従来型のAzureアカウントは追加できません。Veeam Backup & Replication9.5 Update 4にアップグレードする前に従来型のAzureアカウントを追加していた場合に限り、従来型モデルでVMをリストアできます。

    関連トピック