HPE StoreOnce

このページで

    HPE StoreOnceストレージアプライアンスをバックアップリポジトリとして使用できます。

    HPE StoreOnceを使用するために、Veeam Backup & ReplicationはHPE StoreOnce Catalystテクノロジーと2つのHPE StoreOnceコンポーネントを利用します。

    • HPE StoreOnce Catalystエージェント。HPE StoreOnce Catalystエージェントは、HPE StoreOnce Catalystソフトウェアのコンポーネントです。HPE StoreOnce CatalystエージェントはVeeamデータムーバーのセットアップに組み込まれています。Microsoft Windows Serverをバックアップインフラストラクチャに追加すると、追加したサーバーにHPE StoreOnce CatalystエージェントがVeeamデータムーバーとともに自動的にインストールされます。
    • HPE StoreOnceアプライアンス。HPE StoreOnceアプライアンスは、Catalystストアが作成されるHPE StoreOnceストレージシステムです。

    HPE StoreOnceの導入

    HPE StoreOnceと通信するために、Veeam Backup & Replicationではデータ処理とデータ転送を実行する2つのデータムーバーが使用されます。

    • バックアッププロキシ上のVeeamデータムーバー
    • ゲートウェイサーバー上のVeeamデータムーバー

    HPE StoreOnceストレージでVeeamデータムーバーをホストすることはできません。そのため、HPE StoreOnceストレージと通信するために、ゲートウェイサーバーを展開する必要があります。Veeam Backup & Replicationによって、このゲートウェイサーバー上にVeeamデータムーバーが自動的に展開されます。詳細については、「ゲートウェイサーバー」を参照してください。HPE StoreOnceストレージアプライアンスと通信するためには、ゲートウェイサーバーで64ビット版のMicrosoft Windowsを実行する必要があります。

    バックアップリポジトリをジョブが処理するときに、ゲートウェイサーバー上のVeeamデータムーバーがバックアッププロキシ上のVeeamデータムーバーとの接続を確立し、LANまたはWAN経由での効率的なデータ転送が可能になります。

    HPE StoreOnce 

    HPE StoreOnceアプライアンスにバックアップリポジトリのロールを割り当てるときに、ゲートウェイサーバーを選択します。ゲートウェイサーバーは、明示的に定義することも、自動的に選択するようにVeeam Backup & Replicationに指示することもできます。

     

    ヒント

    HPE StoreOnceを使用するために、Veeam Backup & Replicationでは、ゲートウェイサーバーにインストールされるCatalystエージェントが使用されます。ソース側とターゲット側間のネットワークの負荷を軽減するには、バックアッププロキシにより近いソース側のマシンにゲートウェイサーバーのロールを割り当てます。

    HPE StoreOnceの制限と推奨事項

    NASバックアップHPE StoreOnceストレージアプライアンスを使用する場合は、最適なパフォーマンスを得るために次の推奨事項に注意してください。

    • StoreOnceシステムには複数のCatalystストアを含めることができ、大きなバックアップ負荷(1PBを超える)は、同じStoreOnceシステム上の複数のCatalystストアに分散する必要があります。
    • NASバックアップ用のSOBRにCatalystストアを含めないでください。これにより、StoreOnceシステムのグローバル重複排除が削減されます。

    HPE StoreOnceをVeeam Plug-in for Oracle RMANまたはVeeam Plug-in for SAP HANAのバックアップリポジトリとして使用する場合には、保存されているファイル(データおよびメタデータ)の合計数がストレージシステム当たり300万個を超えないようにする必要があります。必要に応じて、同じStoreOnceシステム上に複数のCatalystストアを作成できます。

    HPE StoreOnceを他のジョブのバックアップリポジトリとして使用する場合、次の制限事項にご注意ください。HPE StoreOnceを統合モードで使用する場合のみ、制限事項が適用されます。共有フォルダモードの場合は適用されません。

    • HPE StoreOnceにターゲットされたジョブを作成すると、Veeam Backup & Replicationでは、最適化されたジョブ設定に切り替えてVMデータ処理に4 MBのデータブロックを使用するように提案されます。最適化されたジョブ設定を使用することを推奨します。データブロックのサイズが大きい場合、生成されるメタデータテーブルが小さくなり、処理に必要なメモリリソースとCPUリソースが軽減されます。
    • HPE StoreOnceバックアップリポジトリは常に、マシン単位のバックアップファイルの使用モードで動作します。詳細については、「マシンごとのバックアップファイル」を参照してください。
    • 重複排除ストレージアプライアンスを対象とするジョブの暗号化を有効にしないことをお勧めします。暗号化は重複排除率に悪影響を及ぼします。詳細については、「データ暗号化」を参照してください。
    • HPE StoreOnceでは、リバース増分バックアップ方法はサポートされていません。
    • バックアップジョブの場合、HPE StoreOnceでは、永久増分バックアップ方法はサポートされていません。バックアップジョブの作成時に、合成フルバックアップ、アクティブフルバックアップ、またはその両方を有効にする必要があります。このようなバックアップを有効にする方法の詳細については、を参照してください。 バックアップ設定

    HPE Cloud Volumes Backupで同時に開くことができる数に制限があるため、HPE Cloud Volumes Backupリポジトリ上のバックアップチェーン(1つのフルバックアップと一連の後続の増分バックアップが含まれるチェーン)の最大長はHPE Catalyst Copyを有効になっているバックアップコピーのジョブ で32に制限されています。その他のバックアップコピーのジョブおよびバックアップジョブの場合、バックアップチェーンの最大長は7に制限されています。そのため、HPE Cloud Volumes Backupは、HPE Catalyst Copyが有効になっているバックアップコピーのジョブのターゲットとしてのみ使用することをお勧めします。

    • HPE StoreOnceでは、同時に開くことができるファイルの数に制限があります。この制限のため、HPE StoreOnce上のバックアップチェーン(1つのフルバックアップと一連の後続の増分バックアップが含まれるチェーン)の最大長も制限されており、特定のストレージモデルによって異なります(下表参照)。

    製品

    バックアップチェーンあたりのリストアポイントの最大数

    VSA

    VSA Gen3

    7

    VSA Gen4

    7から14(バージョン4.1.1では、利用可能なメモリ量によって異なる)

    Proliant Gen7

    6200

    14(ノードあたり)

    Proliant Gen8

    2700

    7

    2900

    14

    4500

    14

    4700

    14

    4900

    28

    6500

    28(ノードあたり)

    Proliant Gen9

    3100

    7

    3500

    14

    5100

    21

    5500

    35

    6600

    42(ノードあたり)

    Proliant Gen10

    3620

    14

    3640

    14

    5200

    28

    5250

    28

    5650

    42

    HPE StoreOnce上の複数のバックアップリポジトリ

    1台のHPE StoreOnceアプライアンスに複数のバックアップリポジトリを構成して、これらのリポジトリをさまざまなゲートウェイサーバーに関連付けることができます。

    次の点にご注意ください。

    • 1台のHPE StoreOnceアプライアンスに複数のバックアップリポジトリを構成して、スケールアウトバックアップリポジトリにエクステントとして追加する場合、1つのバックアップチェーンのすべてのバックアップファイルが1つのエクステントに格納されるようにします。1つのバックアップチェーンのバックアップファイルが別々のエクステントに格納される場合は、変換プロセスのパフォーマンスが低下します。変換パフォーマンスの詳細については、こちらのVeeamブログ記事を参照してください。
    • HPE StoreOnceでは、開くことができるファイルの数に制限があり、この制限がアプライアンス全体に適用されます。HPE StoreOnce上の異なるバックアップリポジトリにターゲットされたタスクは、並列に実行されて、この制限を均等に担います。
    • ファイバーチャネル経由で動作するHPE StoreOnceの場合、1台のホストからの接続数に制限があります。1つのゲートウェイに複数のバックアップリポジトリを接続する場合、バックアップリポジトリの接続が競合します。
    • HPE StoreOnceでの重複排除は、1つのオブジェクトストアの制限内で動作します。
    • VMに類似データが存在する場合、単一のHPE StoreOnce Catalystストアにバックアップリポジトリを作成することを推奨します。これにより、バックアップジョブが最小限に抑えられ、バックアップで使用されるディスク容量が削減されます。詳細については、このVeeamナレッジベースの記事を参照してください。

    HPE StoreOnceでの作業の詳細と推奨事項については、「このVeeamナレッジベースの記事」を参照してください。

    関連トピック