長期保持ポリシー(GFS)

このページで

    長期保持ポリシー、つまりGFS(Grandfather/Father/Son)保持ポリシーを使用すると、数週間、数か月、数年という長期間に渡ってVMバックアップを格納できます。この目的のために、Veeam Backup & Replicationによって特別なバックアップファイル(GFSフラグでマークされた合成またはアクティブフルバックアップファイル)が作成されます。これらのGFSフラグには、週単位、月単位、または年単位という3つのタイプがあります。フルバックアップに割り当てられているフラグに応じて、指定された週数、月数、または年数の間それが格納されます。

    GFS保持は、後続の増分バックアップが大量になるなど、短期保持ポリシーが有するリスクを軽減するためにも役立ちます。後続の増分バックアップが大量にあると、リカバリ時間が長くなる可能性があります。これは、Veeam Backup & Replicationでバックアップチェーン全体のデータを読み取る必要があるためです。また、1つの増分が破損していると、チェーン全体を使用できなくなる可能性があります。GFS保持を構成すると、Veeam Backup & Replicationによって、週次/月次/年次のフルバックアップが作成されます。そのため、1つのフルバックアップと複数の増分バックアップから成る1つのバックアップチェーンではなく、複数のバックアップチェーンが存在することになります。

    GFSバックアップは、必ず、任意の時点のマシンイメージ全体のデータを含むフルバックアップファイルとなります。GFSは、階層化された保持ポリシーであり、いくつかのサイクルを使用して以下のような異なる期間でバックアップを保持します。

    • 週単位のバックアップサイクル
    • 月単位のバックアップサイクル
    • 年単位のバックアップサイクル

    GFS保持ポリシーでは、週次バックアップが「son」、月次バックアップが「father」、年次バックアップが「grandfather」として認識されています。週次、月次、および年次のバックアップは、アーカイブバックアップとも呼ばれます。

    長期保持ポリシー(GFS) 

    GFS保持ポリシーは、短期保持ポリシーと組み合わせて使用できます。GFS保持を有効にすると、バックアップチェーンが、永久増分ポリシーから増分ポリシーに切り替わります。そのため、増分がフルバックアップファイルにマージされることはなくなります。

    月次および週次バックアップなしで年次フルバックアップのみを有効にした場合は、これによって、1つのバックアップチェーン内の増分が大量になる可能性があります。これを避けるために、追加で週次GFSサイクルを有効にすることをお勧めします。週次GFSサイクルでは、バックアップチェーンが毎週更新されます。これにより、余分な増分ファイルを削除できます。

    関連トピック