ステップ1:Instant VM Recoveryウィザードの起動

このページで

    Instant Recovery to VMwareウィザードを起動するには、次のいずれかを実行します。

    • [Home]タブで[Restore]をクリックし、次のいずれかの手順を選択します。
    • Veeam Backup & Replicationで作成されたVMバックアップからVMware vSphere VMを復元する場合 — [VMware vSphere] > [Restore from backup] > [Entire VM restore] > [Instant Recovery]。
    • Veeam Backup & Replicationで作成されたVMバックアップからvCloud Director VMを復元する場合 — [VMware vCloud Director] > [Restore from backup] > [VM restore] > [Entire VM restore] > [Instant Recovery] > [Instant Recovery to VMware vSphere]。
    • Veeam Backup & Replicationで作成されたVMバックアップからHyper-V VMを復元する場合 — [Microsoft Hyper-V] > [Restore from backup] > [Entire VM restore] > [Instant Recovery to VMware vSphere]。
    • Veeam Agent for Microsoft WindowsまたはVeeam Agent for Linuxで作成されたバックアップから物理マシンを復元する場合 — [Agent] > [Entire machine restore] > [Instant Recovery to VMware vSphere]。
    • Veeam Backup for AWSで作成されたバックアップからEC2インスタンスを復元する場合 — [AWS EC2 backup] > [Entire machine restore] > [Instant Recovery to VMware vSphere]
    • Veeam Backup for Microsoft Azureで作成されたバックアップからAzure VMを復元する場合 — [Azure IaaS] > [Entire machine restore] > [Instant Recovery to VMware vSphere]。
    • Enter valueで作成されたバックアップからVMインスタンスを復元する場合 — [GCE backup] > [Entire machine restore] > [Instant Recovery to VMware vSphere]
    • Veeam Backup for Nutanix AHVで作成されたバックアップからVMを復元する場合 — [Nutanix backup] > [Entire machine restore] > [Instant Recovery to VMware vSphere]。
    • Veeam Backup for RHVで作成されたバックアップからVMを復元する場合 — [RHV Proxy] > [Entire machine restore] > [Instant Recovery to VMware vSphere]
    • [Home]ビューを開きます。インベントリペインで、[Backups]を選択します。必要なバックアップを作業領域で展開し、復元するワークロードを選択して、リボンの[Instant Recovery] > [VMware vSphere]をクリックします。または、選択したワークロードの1つを右クリックして、[Instant recovery] > [ VMware vSphere ]を選択することもできます

    ステップ1:Instant Recoveryウィザードの起動