ステップ9:リストアされたVMへのレプリカのマップ

このページで

    [Target VM]ステップは、[Destination]ステップで[Failback to the original VM restored in a different location]オプションを選択した場合に利用できます。

    ウィザードの[Target VM]ステップで、レプリカからフェイルバックするVMを指定します。これらのVMは、既にバックアップから目的の場所にリストアされている必要があります。

    ステップ9:リストアされたVMへのレプリカのマップ