Staged Restore

このページで

    Staged Restoreでは、本番環境にリカバリする前に、VMに対して実行可能なスクリプトを実行することができます。Staged Restoreは、VM復元操作全体の一部です。Staged Restoreを実行するには、Full VM Restoreウィザードで[Staged Restore]モードを選択し、Staged Restore設定を指定する必要があります。段階的リストア設定などの理由でデータベースが除外されることがあります。

    Staged Restoreにより、リカバーしたVMに個人情報や機密情報が一切含まれていないことを保証できます。たとえば、Veeam Backup & Replicationに、Active Directoryユーザーを削除するWindows PowerShellスクリプトを実行するよう指示できます。

    $ UserName = "John.Smith"

    $ ADUser = Get-ADUser -Filter'Name -like $ UserName'

    if(!$ ADUser)

    {{

    [環境]::Exit(1)

       }

    Remove-ADUser -Identity $UserName -Confirm:$false

    Staged Restore機能はVeeam Universal Licenseに含まれています。従来のソケットベースライセンスを使用する場合は、Enterprise以上のエディションが必要です。

    Staged Restoreの要件および制限事項

    Staged Restoreを実行する前に、次の前提条件を確認してください。

    • 1回のリストアセッションで複数のVMにStaged Restoreを実行する計画がある場合には、これらのVMで、同じ種類のOS(Microsoft WindowsまたはLinux)が実行されていることを確認してください。最新バージョンのVeeam Backup & Replicationでは、VMごとにログイン情報やスクリプトを指定することはできません。
    • VMをリストアする場合、Veeam Backup & ReplicationはVeeam Quick Migrationの方法を使用します。 vMotionとStorage vMotionの方法は使用できません。Quick Migrationの方法の詳細については、「Quick Migration」セクションを参照してください。

    Staged Restoreのしくみ

    Staged Restoreでは、Veeam Backup & Replicationは、事前構成済みの仮想ラボ、バックアップサーバーに保存された実行可能スクリプト、ログイン情報を使用して、VMに接続し、スクリプトを実行します。Veeam Backup & ReplicationはStaged Restoreを次のように行います。

    1. 仮想ラボで、Veeam Backup & Replicationは、バックアップリポジトリに格納されている圧縮および重複排除済みのバックアップファイルから直接VMを起動します。これを実現するために、Veeam Backup & ReplicationではVeeam vPower NFS Serviceを使用します。

    スクリプトの実行にアプリケーショングループの使用を選択した場合、Veeam Backup & Replicationはまず、このアプリケーショングループから要求された順序でVMを起動します。

    1. Veeam Backup & Replicationはバックアップサーバーからリストアを計画しているVMへ、このスクリプトをコピーします。

    VMに接続するために、Veeam Backup & Replicationは、Staged Restore設定で指定されたログイン情報を使用します。

    1. Veeam Backup & ReplicationはコピーしたスクリプトをすべてのVMで実行します。

    このスクリプトを実行するために、Veeam Backup & Replicationは、プレスクリプトおよびポストスクリプトの場合と同じテクノロジーを使用します。詳細については、「プレスクリプトおよびポストスクリプト」を参照してください。

    1. スクリプトの実行中に行われたVMに対するすべての変更は、VMデルタファイルに書き込まれます。

    デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationは、デルタファイルをvPower NFSサーバーに保存します。VMデルタファイルの保存先は、仮想ラボ設定で変更できます。

    1. スクリプトの実行完了後、Veeam Backup & Replicationは仮想ラボ内のVMの電源をオフにします。
    2. Veeam Backup & Replicationは、変更された状態のVMを本番環境ヘリストアします。

    そのために、Veeam Backup & ReplicationはVeeam Quick Migrationを使用して、バックアップリポジトリとデルタファイルからターゲットホストへVMデータをコピーします。

    Staged Restore 

    関連トピック