Linuxホスト認証

このページで

    Veeam Backup & Replicationの設定の[Linux hosts authentication]セクションで、保護対象のLinuxマシンについてSSHフィンガープリント検証設定を指定できます。

    次のいずれかのオプションを選択できます。

    • Add all discovered hosts to the list automatically — このオプションが有効になっている場合、Veeam Backup & Replicationは、追加されたすべてのLinux VMおよびLinuxサーバーにバックアップサーバーへの接続を許可します。
    • Add unknown hosts to the list manually (more secure) — このオプションが有効になっている場合は、次のLinuxマシンのみバックアップサーバーに接続できます。
      • バックアップサーバーへの接続を確立済みの、フィンガープリントがVeeam Backup & Replicationのデータベースに格納されている保護対象マシン。

    Veeam Backup & Replicationは、[Trusted hosts]フィールドに、信頼できるマシンの数を表示します。信頼できるマシンのリストをknown_hostsファイルにエクスポートするには、[Export]をクリックし、そのファイルを保存するフォルダへのパスを指定します。

      • Veeam Backup & Replicationにインポートしたknown_hostsファイル内で指定されている保護対象マシン。known_hostsファイルをインポートするには、[Import]をクリックし、そのファイルが存在するフォルダへのパスを指定します。

    前述の条件を満たしていないマシンは、Veeamバックアップサーバーに接続できず、検出の間にVeeam Agent for Linuxインストールパッケージをダウンロードできません。また、信頼できないVMのゲストOS処理は失敗します。

    Veeam Backup & Replication は、インベントリ内の[Untrusted]ノードにこれらのコンピューターを表示します。信頼できないコンピューターの管理を開始するには、Veeam Backup & Replicationコンソールで、対象となるコンピューターのフィンガープリントを手動で検証する必要があります。詳細については、「SSHフィンガープリントの検証」を参照してください。

    Linuxホスト認証