ステップ6:仮想ディスクアップデートの適用先の選択

このページで

    このステップは、ワークロードを新しい場所に、または異なる設定で復元する場合に利用できます。

    ウィザードの[Datastore]のステップで、VMがバックアップから実行されている場合にREDOログを書き込む場所を選択することができます。REDOログは、復元されたVMの実行中に発生した変更を維持するために使用される補助ファイルです。

    デフォルトでは、REDOログはvPower NFSサーバーに保存されます vPower NFSサーバー。必要な場合、仮想環境のデータストアにREDOログを保存することもできます。 REDOログをリダイレクトすることでリカバリのパフォーマンスは向上しますが、ESXi 5.5ではStorage vMotionを利用できなくなります。復元検証ジョブが完了すると、Veeam Backup & ReplicationによってREDOログが削除されます。

    REDOログをリダイレクトするには、次の手順を実行します。

    1. [Redirect write cache]チェックボックスを選択します。
    2. [Choose]をクリックして、リストからデータストアを選択します。

    重要

    復元するVMディスクのサイズが2 TBを超える場合、REDOログをVSANデータストアに配置することはできません。VSANデータストアに配置すると、Veeam Backup & Replicationは復元するVMのスナップショットの作成に失敗します。詳細については、VMwareのドキュメントを参照してください。

    ステップ6:仮想ディスクアップデートの適用先の選択