バックアップ・コピーのジョブの編集

このページで

    バックアップコピージョブ設定は、作成した後に編集することができます。たとえば、ジョブのスケジュール設定を変更したり、ジョブにいくつかのマシンを追加したりできます。

    ジョブ設定を編集するには、次の手順を実行します。

    1. [Home]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Jobs] > [Backup Copy]の順に選択します。
    3. 作業領域で、該当するジョブを選択して、リボンの[Edit]をクリックするか、ジョブを右クリックして[Edit]を選択します。

    ジョブの作成時と同じ手順に従い、必要に応じてジョブ設定を変更できます。

    関連トピック

    GFSスキームの無効化

    [Keep the following restore points as full backups for archival purposes]オプションを無効にしたときに、既にターゲットバックアップリポジトリ内にアーカイブフルバックアップがある場合は、Veeam Backup & Replicationによって既存のアーカイブフルバックアップの削除が提案されます。

    • アーカイブフルバックアップをターゲットバックアップリポジトリから削除する場合は、[Yes]をクリックします。次の保持サイクル(次のバックアップコピーセッション)の間に、アーカイブフルバックアップが除去されます。このバックアップコピージョブでは、アーカイブフルバックアップは作成されません。
    • ターゲットバックアップリポジトリ内にアーカイブフルバックアップを保持する場合は、[No] をクリックします。アーカイブフルバックアップは、Veeam Backup & Replication コンソールで[Backups] > [Disk (imported)]ノードの下に表示されます。このバックアップコピージョブでは、アーカイブフルバックアップは作成されません。

    バックアップコピージョブ設定の編集 注:

    [Keep the following restore points as full backups for archival purposes]オプションを無効にして、しばらくしてから再度有効にした場合、ディスク上に残っていたアーカイブフルバックアップはバックアップコピージョブにリンクされません。このようなバックアップは、Veeam Backup & Replicationコンソールで[Backups] > [Disk (imported)]ノードに引き続き表示されます。

    バックアップコピージョブ設定の編集