シールモードへの切り替え

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは、スケールアウトバックアップリポジトリのどのパフォーマンスエクステントでも、シールモードへ切り替えることができます。

    パフォーマンスエクステントを封印すると、保持ポリシーを適用して、これらのエクステントに存在するデータを徐々に削除できるようになります。この機能は、パフォーマンスエクステントの一部の使用を正常に停止し、スケールアウトバックアップリポジトリ構成から除外するために使用できます。

    パフォーマンスエクステントを封印すると、Veeam Backup & Replicationはその後、封印されたエクステントへのデータの保存を制限し、リストア、マージ、削除など読み取り操作のみを許可するようになります。

    バックアップジョブが、アクティブバックアップチェーンの保存された封印済みパフォーマンスエクステントを持つスケールアウトバックアップリポジトリをターゲットにしている場合、このようなジョブはすべて、次の実行で新しいアクティブフルバックアップの作成を強制されます。この新しいアクティブフルバックアップは、スケールアウトバックアップリポジトリ範囲内の別の利用可能なパフォーマンスエクステントに保存され、これにより、新しいアクティブバックアップチェーンが形成されます。新しいアクティブフルバックアップの保存先となるエクステントは、利用可能なリソースに応じて、Veeam Backup & Replicationによって自動的に選ばれます。

    指定された保持期間を過ぎたリストアポイントはすべて、それ以降に行われるバックアップセッションで封印済みパフォーマンスエクステントから継続的に削除されます。

    以下の点を考慮してください。

    • パフォーマンスエクステントは、同時にメンテナンスモードとシールモードにすることができます。

    両方のモードが適用されている場合、メンテナンスモードがシールモードよりも優先されます。

    • パフォーマンスエクステントをシールモードにした場合でも、このモードを終了せずに、データをリストア、マージ、削除できます。

    パフォーマンスエクステントをシールモードにするには、次の手順を実行します。

    1. [Backup Infrastructure]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Scale-out Repositories]ノードの下のスケールアウトバックアップリポジトリを選択します。
    3. 作業領域で、対象のパフォーマンスエクステントを選択してリボンの[Seal Mode]をクリックするか、対象のエクステントを右クリックして[Seal]モードを選択します。

    シールモードへの切り替え 

    関連トピック