ステップ8:ターゲットフォルダの選択とVM設定の変更

このページで

    ウィザードの[Folder]のステップは、リストアされたVMの場所と設定の変更を選択した場合にだけ表示されます。

    ウィザードの[Folder]ステップで、リストア先VMフォルダーを指定し、VMタグをリストアするかどうかを選択し、VM名を変更します。デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationでは、元の名前が維持されます。

    リストア先VMフォルダの指定

    リストア先VMフォルダを指定するには、次の手順を実行します。

    1. リスト内でVMを選択し、[Folder]をクリックします。
    2. VMを格納するフォルダを選択します。

    次の点にご注意ください。

    • vCenter Serverによって管理されていないスタンドアロンのESXiホストにVMをする場合、リストア先フォルダを選択することはできません。このオプションは無効になります。
    • Veeam Backup & ReplicationはVM復元全体を通じて、元のVMのUUIDを保持します。

    名前の変更

    VM名を変更するには:

    1. [VM folder]リスト内でVMを選択し、[Name]をクリックます
    2. [Change Name]セクションで、新しい名前を明示的に入力するか、元のVM名に接頭辞または接尾辞を付けることで名前の変更ルールを指定します。

    または、 VMフォルダリストでVM名を直接変更することもできます。これを行うには、[New Name]フィールドをクリックして、復元されたVMに割り当てる名前を入力します。

    VMタグのリストア

    元のVMに割り当てられたタグをリストアして、リストア済みのVMに割り当てる場合は、[Restore VM tags]チェックボックスを選択します。以下の条件が満たされると、Veeam Backup & ReplicationはVMを元のタグと一緒にリストアします。

    ステップ8:ターゲットフォルダの選択とVM設定の変更