不明リストアポイントの削除

このページで

    バックアップチェーン内の1つまたは複数のリストアポイントにアクセスできない場合があります。これが起きるのは、たとえば、バックアップリポジトリをメンテナンスモードにした場合(スケールアウトバックアップリポジトリの場合)、バックアップリポジトリが使用できない場合、またはバックアップチェーンで一部のバックアップファイルが不明の場合です。不明リストアポイントを含むバックアップチェーンが破損すると、バックアップを実行できず、不明リストアポイントおよび不明リストアポイントに依存するリストアポイントからVMデータをリストアすることはできません。

    不明リストアポイントでは次の2つの操作を実行できます。

    • [Forget] — 不明リストアポイントに関するレコードを構成データベースから除去できます。Veeam Backup & Replicationでは不明リストアポイントについて「放置」するため、コンソールには表示されません。バックアップファイルはディスク上に残ります(バックアップファイルがまだ利用可能な場合)。
    • [Remove] — 不明リストアポイントに関するレコードを構成データベースから除去し、バックアップファイルをディスクから削除します(バックアップファイルがまだ利用可能な場合)。

    以下の点を考慮してください。

    • [Forget]および[Remove from disk]オプションは、バックアップチェーンで不明になっているリストアポイントまたは不明のリストアポイントに依存するポイントに対してのみ利用可能です。バックアップチェーンでリストアポイントが利用可能で、不明リストアポイントに依存していない場合は、これに[Forget]および[Remove from disk]オプションを使用することはできません。
    • 不明リストアポイントに関する情報は手動で更新できます。これを行うには、バックアップジョブを無効にし、そのバックアップコピーのジョブのターゲットであるバックアップリポジトリを再スキャンします。詳細については、「ジョブの無効化と削除」と「バックアップリポジトリの再スキャン」を参照してください。

    Veeam Backup & Replicationでは、バックアップチェーンから削除されたかアクセスできなくなったリストアポイントについて、構成データベース内の情報の更新に時間がかかるため、手動による更新が必要になることがあります。そのような理由で、このようなリストアポイントは、コンソールで不明リストアポイントとして表示されないことがあります。

    • Veeam Backup & Replicationは、クラウドリポジトリに存在するバックアップ内の不明リストアポイントを追跡しません。
    • スケールアウトバックアップリポジトリ内の欠落している復元ポイントに[ディスクから削除]または[削除]オプションを適用する と、欠落している復元ポイントに関連付けられているバックアップファイルが、次回のオフロードおよびアーカイブジョブの実行時に容量層およびアーカイブ層から削除されます。

    不明リストアポイントに関するレコードを構成データベースから除去するには、次の手順を実行します。

    1. [Home]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Backups]の下の[Disk]を選択します。
    3. 作業領域で、バックアップを選択してリボンの[Properties]をクリックするか、バックアップを右クリックして[Properties]を選択します。
    4. [Backup Properties]ウィンドウで、不明リストアポイントを右クリックして[Forget]を選択します。

    不明リストアポイントの削除 

    不明リストアポイントを構成データベースおよびディスクから除去するには、次の手順を実行します。

    1. [Home]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで[Backups]の下の[Disk]をクリックします。
    3. 作業領域で、バックアップを選択してリボンの[Properties]をクリックするか、バックアップを右クリックして[Properties]を選択します。
    4. [Backup Properties]ウィンドウで、不明リストアポイントを右クリックして[Remove from disk]を選択します。

    不明リストアポイントの削除