Microsoft Azureへのリストアのしくみ

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは、オンプレミス環境に格納されているVeeamZIPファイルおよびバックアップから、Microsoft Azureに物理マシンと仮想マシンをリストアできます。リストアプロセスはMicrosoft WindowsマシンとLinuxマシンとで異なります。

    Microsoft Azureへのリストアのしくみ 注:

    Veeam Backup & ReplicationインフラストラクチャにVeeam Backup for Microsoft Azureアプライアンスを追加し、そのアプライアンスを使用して作成されたリストアポイントからMicrosoft Azure VMをリストアする場合、リストアの動作は『Veeam Backup for Microsoft Azureユーザーガイド』の「VMのリストアの実行」で説明されている通りになります。

    Microsoft Windowsマシンのリストア

    Microsoft Windowsマシンをリストアするために、Veeam Backup & Replicationは次の手順を実行します。

    1. リストアにAzureプロキシを使用する場合は、Veeam Backup & ReplicationがAzureプロキシの電源をオンにします。Azureプロキシの詳細については、「Azureプロキシの構成」を参照してください。
    2. Veeam Backup & Replicationは、バックアップされたマシンのディスクをVHDフォーマットに変換し、変換したディスクをMicrosoft Azureのblobストレージにアップロードします。
    3. Veeam Backup & Replicationは、アップロードしたディスクをバックアップサーバーにマウントします。
    4. Veeam Backup & ReplicationがVMのリストアに向けてディスクを準備します。このプロセスの一部として、リモートデスクトップルールを有効化したり、ファイアウォールルールを構成したり、Microsoft Azureエージェントインストール用のディスクを準備したりします。
    5. Veeam Backup & Replicationは、準備したディスクをバックアップサーバーからアンマウントします。
    6. Azureプロキシをリストアに使用する場合は、Veeam Backup & Replicationが、タイムアウト後にAzureプロキシの電源を切ります。
    7. Veeam Backup & Replicationは、準備したマシンディスクでMicrosoft Azure VMを登録します。登録プロセスが完了すると、Microsoft Azure VMはすぐに電源を投入され、マシンにMicrosoft Azureエージェントがインストールされます。

    Microsoft Azureへのリストアのしくみ 

    Linuxマシンのリストア

    Linuxマシンのリストアの場合、Veeam Backup & Replicationはヘルパーアプライアンスを使用します。ヘルパーアプライアンスは、Veeam Backup & Replicationにより登録される、Microsoft Azure内のLinuxベースの小さな補助VMです。リストアプロセス時に、Veeam Backup & Replicationはバックアップされたマシンのディスクをヘルパーアプライアンスにマウントして、ディスクをリストアに向けて準備します。

    Microsoft Azureへのリストアの初期設定を構成するときに、ヘルパーアプライアンスを設定できます。さまざまな場所にLinuxマシンをリストアする予定の場合、それぞれの場所に1つずつ、複数のアプライアンスを設定する必要があります。

    ヘルパーアプライアンスは永続的です。設定されたアプライアンスは、Microsoft Azure内に電源オフ状態のまま残されます。Veeam Backup & Replicationは、リストアプロセス中にヘルパーアプライアンスを短時間だけ起動し、リストア処理が完了したらアプライアンスの電源を切ります。

    Linuxマシンをリストアするために、Veeam Backup & Replicationは次の手順を実行します。

    1. リストアにAzureプロキシを使用する場合は、Veeam Backup & ReplicationがAzureプロキシの電源をオンにします。Azureプロキシの詳細については、「Azureプロキシの構成」を参照してください。
    2. Veeam Backup & Replicationは、バックアップされたマシンのディスクをVHDフォーマットに変換し、変換したディスクをMicrosoft Azureのblobストレージにアップロードします。
    3. Veeam Backup & Replicationは、アップロードしたディスクを、Linuxマシンをリストアする場所に存在するヘルパーアプライアンスにマウントします。
    4. Veeam Backup & Replicationは、マウントしたディスクがあるヘルパーアプライアンスを起動します。
    5. Veeam Backup & ReplicationがVMのリストアに向けてディスクを準備します。このプロセスの一部として、リモート接続ルールを有効化したり、ファイアウォールルールを構成したりします。
    6. Veeam Backup & Replicationは、準備したディスクをヘルパーアプライアンスからアンマウントし、ヘルパーアプライアンスの電源を切ります。
    7. Azureプロキシをリストアに使用する場合は、Veeam Backup & Replicationが、タイムアウト後にAzureプロキシの電源を切ります。
    8. Veeam Backup & Replicationは、準備したマシンディスクでMicrosoft Azure VMを登録します。登録プロセスが完了すると、VMはすぐに電源を投入されます。

    Microsoft Azureへのリストアのしくみ