レプリケーションのしくみ

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは以下のようにVMレプリケーションを実行します。

    1. 新しいレプリケーション・ジョブ・セッションを開始する場合、Veeam Backup & Replicationはバックアップ・サーバー上でVeeam Backup Manager処理を開始します。Veeam Backup Managerは構成データベースからジョブ設定を読み取り、処理するVMタスクのリストを作成します。ジョブに追加されたVMのすべてのディスクについて、Veeam Backup & Replicationは新しいタスクを作成します。
    2. Veeam Backup ManagerはVeeam Backup Serviceに接続します。Veeam Backup Serviceには、バックアップインフラストラクチャ内のすべてのタスクとリソースを管理するリソーススケジューリングコンポーネントが含まれます。リソーススケジューラは、どのようなバックアップインフラストラクチャリソースが利用できるかを確認し、ジョブタスクを処理するためにバックアッププロキシおよびバックアップリポジトリを割り当てます。
    3. Veeam Backup Managerは、ソースおよびターゲットのバックアッププロキシ上およびバックアップリポジトリ上でVeeam Transport Serviceに接続します。そのVeeamデータムーバーサービスは、Veeamデータムーバーを起動します。Veeamデータムーバーの新しいインスタンスは、バックアッププロキシが処理するすべてのタスクに対して開始されます。
    4. Veeam Backup Managerは、バックアッププロキシおよびバックアップリポジトリ上のVeeamデータムーバーとの接続を確立し、ネットワークトラフィックスロットリングルールなど、データ転送に関するいくつかのルールを設定します。
    5. ソースVeeamデータムーバーは、ターゲットVeeamデータムーバーおよびバックアップリポジトリ上のVeeamデータムーバーとの接続を確立します。
    6. Veeam Backup Managerは、VMおよび仮想化ホストに関する情報をVeeam Broker Serviceからをターゲットにしたボリュームレベルバックアップジョブを構成した場合のみです。
    7. アプリケーションを認識した画像処理がジョブで有効の場合、Veeam Backup & ReplicationはVMゲストOSに接続し、VMゲストOSに非永続的実行時コンポーネントを導入するかVMゲストOS上で永続的エージェントコンポーネントを使用(必要に応じて導入)して、ゲスト内処理タスクを実行します。
    8. Veeam Backup & Replicationは、vCenter ServerまたはESXiホストにVMスナップショットの作成を要求します。VMディスクは読み取り専用の状態にされ、すべての仮想ディスクはデルタファイルを受け取ります。ユーザーがレプリケーション時にVMに対して行う変更はすべて、デルタファイルに書き込まれます。
    9. ソースVeeamデータムーバーは、VMデータを読み取り専用VMディスクから読み取り、それをコピーします。増分ジョブセッション時に、ソースVeeamデータムーバーは、CBTを使用して、前回のジョブセッション以降に変更されたデータブロックだけを取得します。CBTを利用できない場合、ソースVeeamデータムーバーはバックアップリポジトリのVeeamデータムーバーと対話してレプリカメタデータを取得し、このメタデータを使用して前回のジョブセッションから変更されたブロックを検出します。

    VMデータのコピー中に、ソースVeeamデータムーバーは追加の処理を実行します。これはゼロデータブロック、スワップファイルのブロック、および除外されたVMゲストOSファイルのブロックを除去します。ソースVeeamデータムーバーは、VMデータを圧縮し、それをターゲットVeeamデータムーバーに転送します。

    1. ターゲットVeeamデータムーバーは、VMデータを解凍し、結果を宛先データストアに書き込みます。
    2. バックアップ・プロキシがVMデータの読み取りを完了すると、Veeam Backup & ReplicationvCenter ServerまたはESXiホストに、VMスナップショットをコミットするをターゲットにしたボリュームレベルバックアップジョブを構成した場合のみです。

    レプリケーションのしくみ