バックアップするデータ

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは、次のタイプのvCloud Director VMをバックアップできます。

    • vAppに含まれる通常のVM
    • vCloud Directorテナントポータルで作成されたスタンドアロンVM
    • vAppに関連付けられたリンククローンVM

    通常のVMとスタンドアロンVMのバックアップ

    通常のVMまたはスタンドアロンVMをバックアップすると、Veeam Backup & Replicationで次のデータがキャプチャされ、バックアップファイルに保存されます。

    • VMディスクの内容
    • vAppメタデータ
    • VMメタデータ

    バックアップするデータ 

    リンククローンVMのバックアップ

    リンククローンVMをバックアップすると、Veeam Backup & Replicationで次のデータがキャプチャされ、バックアップファイルに保存されます。

    • VMがリンクされているテンプレートの内容
    • VMユーザーディスク(デルタディスク)の内容
    • vAppメタデータ
    • VMメタデータ

    バックアップするデータ 

    リンククローンVMのフルバックアップ中に、Veeam Backup & ReplicationはVMテンプレートとデルタディスクのデータを統合し、バックアップファイルに通常のVMディスクとして保存します。データのマージによって適切なVMリストアが保証されます。リカバリの時点までにVMテンプレートが失われていても、リンククローンVMをバックアップから引き続きリストアできます。

    増分バックアップ中に、Veeam Backup & Replicationはデルタファイルの変更されたデータのみを保存します。

    リンククローンVMのバックアップの制限事項

    リンククローンVMをバックアップする前に、以下の点を考慮してください。

    VMテンプレートでCBTを有効にする方法の詳細については、Veeamカスタマーサポートにお問い合わせください。