ステップ4:リストアモードの選択

このページで

    このステップは、VMware vSphere VMおよびvCloud Director VMを復元する場合にのみ利用できます。

    ウィザードの[Restore Mode]ステップで、VMの復元先と、VMタグを復元するかどうかを指定します。

    1. 復元先を選択するには、次の手順を実行します。
    • VMを初期設定で元の場所に復元する場合は、この[Restore to original location]オプションを選択します。このオプションを選択すると、ウィザードの[Reason]ステップに直接進みます。

    重要

    元の場所を使用してVMを復元し、元のVMが仮想インフラストラクチャ内に存在している場合、元のVMは削除されます。

    • VMを新しい場所または別の設定(VMの場所、ネットワーク設定、復元する仮想ディスクの形式など)で復元する場合は、[Restore to a new location, or with different settings]を選択します。このオプションを選択すると、Instant Recovery to VMwareウィザードには、VM設定をカスタマイズするための追加のステップが表示されます。
    1. 元のVMに割り当てられたタグを復元して、復元されるVMに割り当てる場合は、[Restore VM tags]チェックボックスを選択します。以下の条件が満たされると、Veeam Backup & ReplicationはVMを元のタグとともに復元します。
    1. VMを元の場所に復元する。
    2. ソースvCenter Serverで元のVMタグを使用できる。

    ステップ4:リストアモードの選択