Microsoft Windows Server

このページで

    ローカルストレージまたはダイレクト接続ストレージを持つMicrosoft Windows Serverをバックアップリポジトリとして使用することができます。ストレージはローカルディスク、ダイレクト接続ディスクベースのストレージ(USBハードドライブなど)、またはサーバーがSANファブリックに接続されている場合はiSCSI/FC SAN LUNとすることができます。

    Microsoft Windowsリポジトリの導入

    Microsoft Windowsベースのリポジトリと通信するために、Veeam Backup & Replicationではデータ処理とデータ転送を実行する2つのData Mover Serviceが使用されます。

    • バックアッププロキシ上のVeeamデータムーバー
    • Microsoft Windowsリポジトリ上のVeeamデータムーバー

    バックアップリポジトリをジョブが処理するときに、バックアッププロキシ上のデータムーバーサービスがバックアップリポジトリ上のデータムーバーサービスとの接続を確立し、LANまたはWAN経由での効率的なデータ転送が可能になります。

    Data Moverは、サーバーを管理対象サーバーとしてVeeam Backup & Replicationに追加するときに、自動的にインストールされます。

    Microsoft Windows Server 

    vPower NFSサーバー

    WindowsリポジトリはvPower NFSサーバーとして機能するように構成することができます。この場合、Veeam Backup & ReplicationではVeeam vPower NFS Serviceがバックアップリポジトリ(つまり、ストレージが接続されている管理Windowsサーバー)で直接動作し、ESXiホストはバックアップリポジトリ上に格納されたバックアップVMイメージへのトランスペアレントなアクセスが可能になります。詳細については、「Veeam vPower NFS Service」を参照してください。

    Microsoft Windows Serverベースのリポジトリの要件

    リポジトリのロールを実行するマシンは、次の要件を満たしている必要があります。

    • マシンは、システム要件を満たしている必要があります。詳細については、「システム要件」を参照してください。
    • リポジトリのロールをMicrosoft Windowsマシン(物理または仮想)に割り当てることができます。
    • マシンを管理対象サーバーとして、Veeam Backup & Replicationコンソールに追加する必要があります。
    • Microsoft Windowsバックアップリポジトリで高速クローンを使用する場合、マシンは、「高速クローン」セクションに記載されている要件も満たす必要があります。

    関連トピック

    バックアップリポジトリの追加