ファイル共有バックアップジョブの作成

このページで

    ファイル共有上のファイルとフォルダを保護するには、ファイル共有バックアップジョブを構成する必要があります。バックアップジョブは、どのように、どこで、いつファイル共有からデータをバックアップするかを定義します。1つのジョブを、1つ以上のファイル共有の処理に使用できます。ジョブは手動で開始することも、特定の時間に自動的に実行するようにスケジュールすることもできます。

    ファイル共有バックアップジョブを作成する前に、前提条件を確認してください。

    ファイル共有バックアップジョブを作成するには、New File Backup Jobウィザードを使用します。

    1. New File Share Backupウィザードの起動
    2. ジョブの名前と説明の指定
    3. バックアップするファイルとフォルダの選択
    4. ターゲットバックアップストレージ設定の定義
    5. バックアップの詳細設定の指定
    6. セカンダリターゲットリポジトリの指定
    7. ジョブスケジュールの定義
    8. ウィザードの設定の終了