VMへのインスタントVMリカバリの実行

このページで

    Veeam Backup & Replicationには、vCloud Director VMのインスタントVMリカバリ用に2つのオプションが用意されています。

    • vCloud DirectorのvAppにVMをインスタントリカバリできます。
    • 仮想インフラストラクチャにVMをインスタントリカバリできます。この場合、VMは基礎となるvCenter Serverのレベルでリストアされます。インスタントVMリカバリプロセスは、通常のVMware VMの場合と同じです。

    VMをvCloud Directorにインスタントリカバリする場合、Veeam Backup & Replicationは他のVMware VMの場合と同様にvPower NFSデータストアを使用します。VMをvAppにインポートするには、Veeam Backup & ReplicationがvPower NFSデータストアをいくつかのストレージポリシーに関連付ける必要があります。このために、Veeam Backup & Replicationは基礎となるvCenter Server向けに補助ストレージポリシー(Veeam-InstantVMRecovery)を作成して、vCloud Directorに表示します。

    作成されたストレージポリシーは、VMがリストアされるvAppをホストするプロバイダーvDCおよび組織vDCに追加されます。vPower NFSデータストアがESXiホストにマウントされると、vPower NFSデータストアはVeeam-InstantVMRecoveryストレージポリシーに関連付けられます。その後、VMは通常通りにインスタントリストアされ、選択したvAppにインポートされます。

    インスタントVMリカバリセッションが終了しても、ストレージポリシーはプロバイダーvDCから削除されず、vCenter Server上に残ります。このため、後に続くすべてのインスタントVMリカバリ操作が高速化されます。ただし、組織管理者のみが組織vDC設定にアクセスできるため、ストレージポリシーは組織vDCから削除されます。

    このセクションの内容