ステップ3:パフォーマンスエクステントの追加

このページで

    ウィザードの[Performance Tier]ステップで、パフォーマンスエクステントとして追加するバックアップリポジトリを指定し、スケールアウトバックアップリポジトリのオプションを構成します。

    1. [Extents]リストの右側の[Add]をクリックします。
    2. [Extents]ウィンドウで、パフォーマンスエクステントとして追加するバックアップリポジトリの横のチェックボックスを選択します。
    3. [OK]をクリックします。
    4. [Extents]リストの右下隅の[Advanced]をクリックします。
    5. 次の手順を実行して、スケールアウトバックアップリポジトリの詳細なオプションを指定します。
    1. ジョブ内のマシンごとに個別のバックアップチェーンを作成する場合は、[Use per-machine backup files]チェックボックスを選択します。このオプションを有効にすると、Veeam Backup & Replicationは、1つのバックアップジョブセッション中にマシンごとに1つバックアップファイルを作成し、これらのファイルを複数のストリーム内のバックアップリポジトリに同時に書き込みます。特にバックアップリポジトリを複数の書き込みストリームをサポートする重複排除ストレージアプライアンスとして使用する場合は、ストレージとコンピューティングリソースの使用量を改善するために、このオプションを有効にすることを推奨します。
    2. スケールアウトバックアップリポジトリのバックアップチェーンの一貫性を保持するには、[Perform full backup when required extent is offline]チェックボックスを選択します。現在のバックアップ・チェーンからの前のリストア・ポイントを格納するエクステントがオフラインになると、バックアップ・チェーンが壊れて、Veeam Backup & Replicationでは新しい増分バックアップ・ファイルを追加できなくなります。このオプションを有効にすると、Veeam Backup & Replicationでは増分バックアップ・ファイルの代わりにフル・バックアップ・ファイルが作成されます。このオプションを有効にする場合は、スケールアウトバックアップリポジトリに、フルバックアップファイルをホストするための十分な空き容量が必要です。

    ステップ3:パフォーマンスエクステントの追加 

    パフォーマンスエクステントとして追加するバックアップリポジトリが、サポートされる種類のジョブで既に使用されている場合や、このバックアップリポジトリを指すバックアップ(VeeamZIPを使用して作成された独立したバックアップなど)が存在する場合、Veeam Backup & Replicationでは、ジョブプロパティでバックアップリポジトリへのリンクを更新するように提案されます。[Yes]をクリックしてリンクを更新し、ジョブとバックアップのターゲットをスケールアウトバックアップリポジトリにします。[No]をクリックすると、ウィザードの次のステップに進めなくなります。

    ステップ3:パフォーマンスエクステントの追加