レプリカのフェイルオーバーとフェイルバック

このページで

    ソフトウェアとハードウェアの誤作動が生じた場合は、破損したVMをそのレプリカにフェイルオーバーすることですばやくリカバーできます。フェイルオーバーを実行すると、レプリケートされたVMが元のVMのロールを引き継ぎます。レプリカの最新の状態にも、既知のどのリストアポイントにもフェイルオーバーできます。

    Veeam Backup & Replicationのフェールオーバーは一時的な中間ステップであり、さらに処理を進めて完了させる必要があります。Veeam Backup & Replicationは、さまざまな災害復旧シナリオに対応する次のオプションを用意しています。

    • 永続フェイルオーバーを実行して、ターゲットホスト上のワークロードをそのままの状態にし、レプリカVMを元のVMとして動作させることができます。ソースホストとターゲットホストのリソースの量がほぼ同じで、両方とも同じHAサイトに配置されている場合は、永続フェイルオーバーが適しています。
    • フェイルバックを実行して、ソースホストまたは新しい場所の元のVMをリカバーすることができます。一時的な運用に使う災害復旧(DR)サイトにフェイルオーバーを実行し、災害の被害がなくなったら本番サイトに運用を戻す場合は、フェイルバックを使用します。

    Veeam Backup & Replicationでは、単体のVMでも複数のVMでも、フェールオーバー操作とフェールバック操作をサポートします。複数のホストに障害が発生した場合は、バッチ処理を使うと、最小限のダウンタイムで操作をリストアできます。

    このセクションの内容