Azureプロキシの構成

このページで

    場合により、Microsoft Azureへのマシンディスクのアップロードに長い時間がかかることがあります。これは、離れた場所にマシンをリストアする場合やネットワーク接続が低速の場合に発生することがあります。リストアプロセスを高速化するには、バックアップインフラストラクチャにAzureプロキシを展開することをお勧めします。

    Azureプロキシは、Veeam Backup & ReplicationがVMディスク・データをblobストレージに転送する際に使用する、Microsoft Azureの小さな補助マシンです。AzureプロキシにインストールされたVeeamコンポーネントは、ディスクデータを圧縮および重複排除することで、ネットワークトラフィックを低下させ、リストアプロセスを高速化する助けになります。

    Azureプロキシを構成するには、Azure Proxyウィザードを実行する必要があります。Veeam Backup & ReplicationはMicrosoft AzureにMicrosoft Windows Server 2012 R2マシンを導入し、このマシンにAzureプロキシのロールを割り当てます。続いて、Azureプロキシを使用してタスクを復元するようにVeeam Backup & Replicationに指示します。

    Azureプロキシはバックアップインフラストラクチャに構成することを強くお勧めします。Azureプロキシは大量のリソースを必要とせず、リストアプロセスを大幅に高速化することができます。Azureプロキシは、マシンのリストア場所、またはその場所に近いところに構成することをお勧めします。さまざまな場所にマシンをリストアする予定の場合、それぞれの場所に少なくとも1つのAzureプロキシを構成してください。

    Azureプロキシの展開プロセスには、ある程度の時間がかかります。Azureプロキシは事前に、つまりリストアプロセスを開始する前に構成しておくことをお勧めします。

    Azureプロキシを構成する前に、前提条件を確認してください。続いてAzure Proxyウィザードのステップに従ってプロキシを展開します。

    1. Azure Proxyウィザードの起動
    2. Azureプロキシ名の指定
    3. ログイン情報および転送ポートの指定
    4. サブスクリプションと場所の選択
    5. VMのサイズの選択
    6. リソースグループの選択
    7. 仮想ネットワークの選択
    8. Azureプロキシ設定の開始

    関連トピック

    Azureプロキシの削除