ネットワークモードへのフェイルオーバー

このページで

    一次転送モード(ダイレクトストレージアクセスまたは仮想アプライアンス)がジョブセッション中に失敗する場合、Veeam Backup & Replicationに指示してネットワーク転送モードに切り替え、LAN上でVMデータを転送することができます。どのような状況でもジョブとタスクが正常に完了するように、このオプションはデフォルトで有効化されます。

    ただし、業務時間内にデータ保護や災害復旧のタスクを実行する場合、LAN上のデータ転送では本番ネットワークの負荷が増大し、パフォーマンスに影響が出る可能性があります。

    ネットワークモードへのフェイルオーバー