ステップ2:リストアするvAppの選択

このページで

    ウィザードの[Objects to Restore]ステップで、リストアするvAppを選択します。

    vAppを追加するには、[Add vApp]をクリックしてvAppを参照する場所を選択します。

    • From infrastructure — vCloud Director階層を参照して、リストアするvAppを選択します。vCloud Director階層から選択するvAppは、少なくとも1回は正常にバックアップされている必要があります。
    • From backup — 既存のバックアップを参照し、バックアップジョブの下のvAppを選択します。

    選択を容易にするため、[Select VMs]ウィンドウの下部にある検索フィールドを使用します。検索フィールドにオブジェクト名またはその一部を入力し、右側の[Start search]ボタンをクリックするか、キーボードの[Enter]キーを押します。

    ウィンドウの上部の検索フィールドを使用してvAppを追加することもできます。

    1. 検索フィールドにvApp名またはその一部を入力します。Veeam Backup & Replicationは指定されたvAppの既存のバックアップがないか検索し、一致する結果を表示します。
    2. vAppをリストに追加するには、検索結果のリストでvAppをダブルクリックします。
    3. 必要なvAppが見つからない場合は、[Show more]リンクをクリックして既存のバックアップを参照し、必要なvAppを選択します。

    リストからvAppを削除するには、vAppを選択して右側の[Remove]をクリックします。

    ステップ2:リストアするvAppの選択