ライセンスの統合

このページで

    ライセンスの統合は、永久ソケットライセンスの保有者が利用できるオプションです。永久ソケットライセンスを保有しており、さらにクラウドまたは物理ワークロードなどを保護したい場合やVeeamプラグインを使用したい場合は、インスタンスライセンスを取得してソケットライセンスと統合することができます。

    ヒント

    ライセンスの統合は、2つの異なるライセンスタイプ(ソケットとインスタンス)を統合できるようにする組み込みのメカニズムです。同じタイプの複数のライセンス(ソケットとソケット、インスタンスとインスタンス)を統合して、単一のライセンスキーファイルを取得する場合は、カスタマーポータルの統合ツールを使用できます。カスタマーポータルでのライセンスの統合の詳細については、 このVeeamナレッジベースの記事を参照してください。カスタマーポータルの統合プロセスの統合ルールと例外の詳細については、Veeamライセンスポリシーのライセンスキーの統合」セクションを参照してください。

    統合したライセンスでは、以下のワークロードがソケット単位で処理されます。

    • VM
    • Veeamプラグイン(Veeam Backup & Replicationにアプリケーションサーバーが追加されている場合)
    • Veeam Agent(Veeam Backup & Replicationにマシンが追加されている場合)

    その他のワークロードはインスタンス単位で処理されます。

    統合できるライセンスの種類

    以下の種類のライセンスを統合できます。

    • 永久ソケットライセンスおよびサブスクリプションインスタンスライセンス
    • 永久ソケットライセンスおよび永久インスタンスライセンス。

    統合できるライセンスのパッケージ

    以下のパッケージのライセンスを統合できます。

    ライセンスの種類

    Essentials
    ソケット

    バックアップ
    ソケット

    Suite
    ソケット

    ONE
    ソケット

    Essentials
    インスタンス

    バックアップ
    インスタンス

    Suite
    インスタンス

    ONE
    インスタンス

    統合したライセンスのサポート期間

    サポート失効日の異なるライセンスを統合する場合、統合したライセンスは早い方のサポート失効日を引き継ぎます。

    ライセンスの統合

    ライセンスを統合する前に、次の前提条件を確認してください。

    • 統合可能なライセンスの種類とパッケージであること。
    • 両方のライセンスで会社名が同一であること。会社名のチェックでは、大文字と小文字の区別が考慮されます。

    ライセンスを統合するには、既にインストールされているライセンスの上に、新しいライセンスをインストールします。詳細については、「ライセンスのインストール」を参照してください。

    重要

    統合できない種類のライセンスである場合、新たにインストールされたライセンスが既存のライセンスに置き換わるため、注意してください。