グローバル電子メール通知設定の構成

このページで

    グローバル電子メール通知設定を構成する手順:

    1. メインメニューで[General Options]を選択します
    2. [E-mail Settings]タブを開きます。
    3. [Enable e-mail notifications]チェックボックスを選択します。
    4. [SMTP server]フィールドに、電子メール通知の送信に使用するSMTPサーバーの完全なDNS名またはIPアドレスを入力します。
    5. [Advanced]ボタンをクリックして、ユーザーログイン情報と接続オプションを指定します。
    1. SMTPサーバーのポート番号と接続タイムアウトを指定します。
    2. 電子メール操作のための安全な接続を使用するには、[Connect using SSL]チェックボックスを選択します。
    3. 特定のアカウントを使用してSMTPサーバーに接続する必要がある場合、[This SMTP server requires authentication]チェックボックスを選択して、[Log on as]リストから必要なログイン情報を選択します。事前にログイン情報を設定していない場合は、[Manage accounts]リンクをクリックするか、右側の[Add]をクリックして、ログイン情報を追加します。詳細については、「ログイン情報の管理」を参照してください。
    1. [From]フィールドで電子メール通知を送信するための電子メールを指定します。
    2. [To]フィールドで受信者のアドレスを指定します。複数のアドレスを分割するにはセミコロンを使用します。このフィールドで指定した受信者は、バックアップサーバーによって管理されるすべてのジョブに関する通知を受信します。必要に応じて、このフィールドを空のままにすることができます。

    特定のすべてのジョブについて、追加の受信者を指定することができます。詳細については、「ジョブ通知設定の構成」を参照してください。

    ジョブ通知とグローバル通知設定の両方で同じ電子メール受信者を指定した場合、Veeam Backup & Replicationは、ジョブ通知で指定された電子メールメッセージの件名がグローバル通知設定で指定された件名と異なる場合にのみ、2つの別々の通知を送信します。それ以外の場合、 Veeam Backup & Replicationはグローバル通知設定を抑制し、ジョブ通知のみを送信します。

    1. [Subject]フィールドで送信されるメッセージの件名を指定します。件名では次の変数を使用できます。
    1. %Time% — 完了時刻
    2. %JobName%
    3. %JobResult%
    4. %ObjectCount% — ジョブ内のVMの数
    5. %Issues% WarningまたはFailedステータスを持つ、処理済みのジョブ内のVMの数
    1. [Send daily reports at]フィールドで、Veeam Backup & Replicationが日次電子メールレポートを送信する時刻を指定します。

    日次レポートは、Veeam Backup & Replication全体にわたってさまざまな目的で生成されます。

    • スケールアウトリポジトリデータの処理結果に関するレポート。

    詳細については、「スケールアウトバックアップリポジトリレポートの受信」を参照してください。

    • バックアップコピーのジョブの処理結果に関するレポート。

    詳細については、「VMおよび物理マシンのバックアップコピーのジョブの作成」の「通知設定」を参照してください。

    • トランザクションログバックアップ用のバックアップコピーのジョブの処理結果に関するレポート。

    トランザクションログバックアップの詳細については、「Microsoft SQL Serverログのバックアップ」を参照してください。

    特定のレポート用として構成された設定は、グローバル通知設定より優先されます。

    1. [Notify on]グループで、[Success]、[Warning]、[Failure]チェックボックスのうち1つ以上を選択すると、ジョブが正常に実行されたか、失敗したか、警告付きで実行された場合に電子メール通知を受信できます。
    2. 最終ジョブステータスについての通知を受信するには、[Suppress notifications until the last retry]チェックボックスを選択します。このオプションを有効化しない場合、Veeam Backup & Replicationはすべてのジョブ再試行につき通知を送信します。
    3. すべての設定が正しく行われているかどうか確認するため、Veeam Backup & Replicationでテスト電子メールの送信を可能にします。テスト電子メールを送信するには、[Test Message]をクリックします。

    グローバル電子メール通知設定の構成