VMコピー

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは、VMコピージョブを実行して、選択したストレージのVMまたはVMコンテナ(ホスト、クラスター、フォルダ、リソースプール、VirtualApp、データストア、タグのいずれか) の完全に機能する独立したコピーを作成できます。VMコピーは、データセンターを移動したり、テストラボを作成したりする場合に役立ちます。

    作成されたVMコピーは、圧縮されずネイティブのVMware vSphereフォーマットで保存されるため、すぐに起動できます。VMコピーは多くの点でレプリケーションに似ていますが、いくつかの大きな違いがあります。

    • VMコピーは1回限りの処理です(つまり、VMコピージョブが実行されるたびに、最新状態のVMが反映されます)。このような特性があるため、VMコピージョブで増分実行はサポートされません。
    • Veeam Backup & Replicationでは、VMコピーのリストアポイントは作成および維持されません。定期的にVMコピージョブを実行するようスケジュールしている場合、新しく実行されるたびに既存のコピーが上書きされます。
    • VMコピージョブによって、すべてのVMディスクはシックとしてコピーされますが、レプリケーションによってディスクのフォーマットを保持したり、ディスクのフォーマットを即座に変換したりすることができます。
    • VMコピーについてフェイルオーバーまたはフェイルバックが行われる可能性はありません。

    VMコピージョブでは、バックアップジョブと同じインフラストラクチャコンポーネントが使用されます(詳細については、「バックアップアーキテクチャ」を参照)。利用可能なシナリオの他に、バックアップサーバーに接続されたサーバーやホストのターゲットフォルダにVMをコピーすることもできます。

    関連トピック

    VMコピージョブの作成