クイックロールバック

このページで

    VMまたはVMハードディスク全体を元の場所にリストアする場合、クイックロールバック、つまり増分データリストアを実行するようVeeam Backup & Replicationに指示することができます。VMまたはVMディスク全体をバックアップファイルからリストアするのではなく、Veeam Backup & ReplicationはVMまたはVMディスクを以前の時点に戻すのに必要なデータブロックのみをリカバーします。クイックロールバックを使用すると復旧時間が大幅に短縮され、本番環境への影響もほとんどありません。

    クイックロールバックでは、Veeam Backup & Replication変更ブロック追跡テクノロジーを使用します。Veeam Backup & Replicationは現在のVMの状態に関する情報を取得し、バックアップファイル内のCBT情報と比較します。このように、Veeam Backup & Replicationは本番データストアに戻す必要があるデータブロックを検出し、VMまたはVMディスクを必要な時点に再構築します。

    クイックロールバックの使用が推奨されるのは、VMまたはVMディスクを、VMゲストOSレベルで問題が発生した(たとえば、アプリケーションエラーが発生したり、ユーザーが誤ってVMゲストOS上のファイルを削除したりした)後にリストアする場合です。問題が、VMのハードウェアレベルかストレージレベルで、または電源障害により発生している場合、クイックロールバックを使用しないでください。

    クイックロールバックの要件

    クイックロールバックを実行するには、次の要件が満たされていることを確認してください。

    • VMまたはVMディスクが元の場所にリストアされること。
    • リストアしようとしているVMまたはVMのすべてのディスクに対してCBTが有効化されていること。
    • VMまたはVMディスクのリストア元のバックアップファイルは、[Use changed block tracking data]オプションを有効にして作成されていること。

    クイックロールバックの制限

    クイックロールバックには次の制限があります。

    • クイックロールバックはDirect NFSアクセスモード、仮想アプライアンスモード、ネットワーク転送モードで実行できます。VMwareの制限のため、クイックロールバックにはDirect SANアクセス転送モードは使用できません。
    • クイックロールバックとVMゲストOSファイル除外は慎重に使用してください。バックアップ中に任意のファイルおよびフォルダをVMゲストOSから除外し、クイック・ロールバックを使用して、このようなバックアップからVMまたはVMディスクを復元する場合、Veeam Backup & Replicationによりバックアップ・ファイルの内容のみが復元されます。除外されたデータはリストアされません。たとえば、C:\フォルダをバックアップから除外する場合、このフォルダのデータはバックアップされず、作成されるバックアップファイルにも格納されません。少し時間がたつと、C:\フォルダのデータは変更される可能性がありますが、フォルダのバックアップは行われません(ジョブによりこのフォルダが除外されているため)。そのため、クイックロールバックを実行した場合、Veeam Backup & Replicationでは除外されたC:\フォルダを除いて、変更されたすべてのデータが復元されます

    関連トピック