Direct SANアクセスモードでのデータのバックアップ

このページで

    バックアップ中にSAN LUNからVMのデータブロックを取得するために、バックアッププロキシは、SAN上のVMディスクのレイアウトに関するメタデータを使用します。

    Direct SANアクセス転送モードでのデータのバックアップには、次のステップが含まれます。

    1. バックアッププロキシがESXiホストに対して、データストアで必要なVMを検出するようにリクエストを送信します。
    2. ESXiホストがVMを検出します。
    3. Veeam Backup & Replicationが、VMスナップショットを作成するようにVMware vSphereをトリガーします。
    4. ESXiホストが、ストレージのVMディスクのレイアウトに関するメタデータを取得します(データブロックの物理アドレス)。
    5. ESXiホストがバックアッププロキシにメタデータを送信します。
    6. バックアッププロキシがメタデータを使用して、SAN経由でソースストレージから直接、VMのデータブロックをコピーします。
    7. バックアッププロキシが、コピーされたデータブロックを処理してターゲットに送信します。

    Direct SANアクセスモードでのデータのバックアップ