フェイルオーバーの取り消し

このページで

    フェイルオーバーの取り消しは、フェイルオーバーを終了させる方法の1つです。フェイルオーバーを取り消すと、VMレプリカから元のVMに戻ります。Veeam Backup & Replicationにより、VMレプリカが[Failover]状態の間にそのVMレプリカに対して行われた変更がすべて破棄されます。

    フェイルオーバーの取り消し操作は、次の方法で実行されます。

    1. Veeam Backup & Replicationによって、VMレプリカがフェールオーバー前の状態に戻されます。これを行うために、Veeam Backup & Replicationによって、VMレプリカの電源がオフにされ、それがレプリケーションチェーン内の最新のリストアポイントまで戻されます。VMレプリカが[Failover]状態の間に保護仮想ディスク(<disk_name>-interim.vmdk)に書き込まれた変更内容は破棄されます。
    2. VMレプリカの状態が[Ready]に戻り、Veeam Backup & Replicationによって、ソースホスト上の元のVMに対してレプリケーションアクティビティが再開されます。