バックアップ方法

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは、バックアップチェーンの作成については、次の方法が用意されています。

    • 永久増分(FFI)

    永久増分(FFI)バックアップ方法が使用されている場合は、Veeam Backup & Replicationによって、初回のフルバックアップファイル(VBK)とその後に続く一連の増分バックアップファイル(VIB)から成るバックアップチェーンが作成されます。

    このバックアップ方法は、バックアップストレージ上の領域を節約するために役立ちます。これは、Veeam Backup & Replicationでは1つのフルバックアップファイルのみが保存され、増分バックアップファイルは保持期間を過ぎると削除されるためです。保持ポリシー設定に従うために、増分が削除される前に、Veeam Backup & Replicationによってその増分ファイルのデータがフルバックアップファイルに挿入されます。このような変換によって、フルバックアップファイルの断片化が起こる可能性があるため、フルバックアップファイルのコンパクト化の操作をスケジュールする必要があります。この操作では、バックアップストレージのI/O負荷はさらに高くなります。全般的に、FFI方法では、他のバックアップ方法と比べてストレージでのI/Oへの影響は中程度になります。

    FFI方法を使用して作成されたバックアップファイルから最も古いリストアポイントまでリストアする場合、使用可能な最初のリストアポイントは必ずフルバックアップであるため、他の方法と比べて最も速くなります。他のリストアポイントまでのリストアは、FI方法と速度で比べることができます。

    FFIバックアップ方法とそのしくみの詳細については、「永久増分バックアップ」を参照してください。

    バックアップ方法 

    • 増分(FI)

    増分(FI)バックアップ方法が使用されている場合は、Veeam Backup & Replicationによって、複数のフルバックアップファイル(VBK)とそのそれぞれの後に続く一連の増分バックアップファイル(VIB)から成るバックアップチェーンが作成されます。フルバックアップは、合成フルバックアップ方法またはアクティブフルバックアップ方法(またはその両方)を使用して作成できます。定期的なフルバックアップを実行することで、バックアップチェーンがより短いシリーズに分割されます。これにより、バックアップチェーンが完全に失われる可能性が低くなり、このバックアップ方法が最も信頼できる方法となります。

    このバックアップ方法には、他の方法よりも多くのストレージ領域が必要になります。これは、バックアップチェーンに複数のフルバックアップファイルが含まれ、場合によっては、FI保持ポリシーの仕様が原因で、Veeam Backup & Replicationによって、保持ポリシー設定で指定されているよりも多くのリストアポイントが保存されるためです。バックアップがどのように保持されるかの詳細については、「増分バックアップの保持ポリシー」を参照してください。

    FIバックアップ方法では、バックアップストレージでのI/Oへの影響が最も低くなります。ただし、バックアップストレージへの影響は、合成フルバックアップがスケジュールされている日に大きくなり、本番ストレージへの影響は、アクティブフルバックアップがスケジュールされている日に大きくなります。

    FI方法を使用して作成されたバックアップファイルからのリストアは、他の方法と比べて、時間的に最適となります(最も古いリストアポイントまたは最も新しいリストアポイントまでリストアするのではない場合)。これは、バックアップチェーンが、通常は、フルバックアップファイルと増分ファイルから成る短いシリーズに分割され、目的のリストアポイントの集約に時間がかからないためです。

    FIバックアップ方法とそのしくみの詳細については、「増分バックアップ」を参照してください。

    バックアップ方法 

    • 逆増分(RI)

    逆増分(RI)バックアップ方法が使用されている場合は、Veeam Backup & Replicationによって、フルバックアップファイル(VBK)とそれに先行する一連の逆増分バックアップファイル(VRB)から成るバックアップチェーンが作成されます。

    このバックアップ方法は、バックアップストレージ上の領域を節約するために役立ちます。これは、Veeam Backup & Replicationでは1つのフルバックアップファイルのみが保存され(定期的なフルバックアップをスケジュールしない場合)、増分バックアップファイルは保持期間を過ぎると削除されるためです。バックアップがどのように保持されるかの詳細については、「逆増分バックアップ」を参照してください。

    RI方法では、他のバックアップ方法と比べて、バックアップストレージでのI/Oへの影響が最も大きくなります。これは、バックアップの間に、Veeam Backup & Replicationによって、変更されたデータブロックがフルバックアップファイルに挿入され、逆増分バックアップファイルも作成されるためです。このような変換によって、フルバックアップファイルの断片化が起こる可能性があるため、フルバックアップファイルのコンパクト化の操作をスケジュールする必要があります。この操作では、バックアップストレージのI/O負荷はさらに高くなります。

    RI方法を使用して作成されたバックアップファイルから最も新しいリストアポイントまでリストアする場合、最も新しいリストアポイントは必ずフルバックアップであり、それが各バックアップサイクルの後に更新されるため、他の方法と比べて最も速くなります。最も古いリストアポイントまでのリストアは、他のバックアップ方法よりも遅くなります。

    RIバックアップ方法とそのしくみの詳細については、「逆増分バックアップ」を参照してください。

    バックアップ方法 

    関連トピック