I/Oフィルタのアップグレードとアンインストール

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは、Veeam Backup & Replicationコンソールを使用してクラスターのI/Oフィルタをアップグレードすることや削除することができます。

    I/Oフィルタのアップグレード

    I/Oフィルタをアップグレードするには、次の手順を実行します。

    1. ポリシーの無効化と削除」セクションの説明に従ってすべてのCDPポリシーを無効にしてあることを確認してください。
    2. フィルタのインストール」セクションで示されている手順に従います。ウィザードの[Clusters]ステップでクラスターを選択するときは、フィルタをアップグレードするクラスターの近くにあるチェックボックスが選択されていることを確認してください。

    I/Oフィルタのアンインストール

    I/Oフィルタをアンインストールするには、次の手順を実行します。

    1. ポリシーの無効化と削除」セクションの説明に従ってすべてのCDPポリシーを無効にしてあることを確認します。
    2. フィルタを削除するクラスター上のすべてのVMを一時停止し、それらの電源がオフになっていることを確認します。
    3. フィルタのインストール」セクションで示されている手順に従います。ウィザードの[Clusters]ステップでクラスターを選択するときは、フィルタを削除するクラスターの近くにあるチェックボックスがクリアされていることを確認してください。

    別の方法としては、特定のクラスター上のI/Oフィルタをアップグレードすることもできます。その場合は[Inventory]ビューを開きます。インベントリペインで、[Virtual Infrastructure] > [VMware vSphere] > [vCenter Servers] > [<vCenter Server名>] > [<クラスター名>]ノードに移動し、それを右クリックします。[Uninstall I/O filter]を選択します。

    I/Oフィルタのアップグレードとアンインストール