開始する前に

このページで

    SureBackupジョブを作成して開始する前に、以下の前提条件を確認してください。

    • Veeam Backup & ReplicationのEnterprise Editionの有効なライセンスがバックアップサーバーにインストールされている。
    • 検証対象のVMが依存するすべてのアプリケーションおよびサービスが、環境内で仮想化されている。
    • 仮想ラボを作成または接続している。詳細については、「仮想ラボの作成」および「既存の仮想ラボへの接続」を参照してください。
    • マルウェアがないかVMデータをスキャンすることを計画している場合は、要件と制限事項を確認する
    • VMをpingテストを使用して検証することを計画している場合は、テスト対象のVM上のファイアウォールでping要求が許可されるようになっている。
    • VMをハートビートテストを使用して検証することを計画している場合は、テスト対象のVMにVMware Toolsがインストールされている。
    • [ストレージスナップショットの場合]バックアップインフラストラクチャにストレージシステムが追加されている。

    以下の制限事項にご注意ください。

    • 検証対象のVMレプリカが[Ready]状態になっていること。VMレプリカがフェイルオーバーまたはフェイルバックの状態である場合は、SureBackupジョブでVMレプリカを検証することはできません。
    • vCloud Director VMのバックアップ、バックアップコピーのジョブで作成されたバックアップ、およびクラウドバックアップリポジトリに格納されているバックアップからSureBackupジョブのVMにリンクすることはできません。
    • ソースバックアップまたはレプリケーションジョブの優先度は、SureBackupジョブよりも高くなります。SureBackupジョブの実行中にソースバックアップジョブまたはレプリケーションジョブが開始され、このジョブがVMの開始されたリストアポイントを変更しようとしている場合、Veeam Backup & Replicationは仮想ラボでVMの電源を自動的にオフにして、SureBackupジョブを完了します。
    • このスクリプトは、Microsoft SQL Server VM内からではなく、バックアップサーバー側で実行します。このため、仮想ラボで実行するMicrosoft SQL Serverに対して、名前付きパイプまたはTCP/IPの接続を有効にする必要があります。詳細については、Microsoftのドキュメントを参照してください。